« すべてはジャストタイミング | トップページ | 数字は正直 »

2018年10月28日

白紙に戻すのも一手

いじめのニュースが、毎日のように流れる。

これって、学校が、まさに地獄と化しているのでは?

よく学校側から発表される「いじめという認識はなかった」というコメント。

ということは、教師全員、地獄の鬼だったということになる。

自殺した生徒の命より、保身の方が、重いのだから。

そう思われることに、気づけないのだろうか?

であるなら、学校など不要。

学校さえ無ければ、我が子を失う親を、作らずに済んだのだから。

一度、これくらいの極論に立つべきなのでは?

社会システムが、金属疲労を起こしているように思えてしまう。

明るい未来を感じられねば、ただ苦しい、今があるだけ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« すべてはジャストタイミング | トップページ | 数字は正直 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白紙に戻すのも一手:

« すべてはジャストタイミング | トップページ | 数字は正直 »