« 差別というが | トップページ | たまには違うこと考えてみる »

2018年10月16日

押しやってしまいがち

朝晩が、冷え込みだした。

それに伴い、伸びまくっていた雑草にも、陰りが。

寒くなり、動きが鈍くなるのは、草も人も、同様か。

そういうことを思いながら、秋蒔きの種に、水を。

こちらは、寒くなってからが、季節到来。

寒さに弱い身としては、なかなか理解し難い原理なのだ。

そして、この理解し難いということこそが、厄介者。

自分が分からないから、向こうに押しやる。

その押しやった中に、特効薬が、含まれているとも知らずに。

そういう経験が、一度でもあれば、躊躇するだろう。

しかし、それがないため、やはり押しやってしまうわけだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 差別というが | トップページ | たまには違うこと考えてみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 押しやってしまいがち:

« 差別というが | トップページ | たまには違うこと考えてみる »