« ちょっとした大事 | トップページ | 不安の種 »

2018年9月23日

何のために何をする

各地で「見守り隊」なるものが、結成されている。

対象は、子供であったり、高齢者であったり。

そこにあるのは、見守る者と見守られる者。

でも、きっかけは、ハッキリしている。

誘拐だったり、徘徊だったり、と。

であるなら、見守られる者がいなければ、見守る者は不要となる。

つまり、高齢者ばかりの地域に、「子供見守り隊」は必要ない。

当たり前と言えば、当たり前。

そう言えるのも、何が大切かを、しっかり認識できていればこそだろう。

何かを始めるには、その共通認識が大切。

一番大切なものは、何?

それが見えていなければ、何をやっても、上手くは行かない。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« ちょっとした大事 | トップページ | 不安の種 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何のために何をする:

« ちょっとした大事 | トップページ | 不安の種 »