« 最初で最後の一葉 | トップページ | ちょっとした大事 »

2018年9月21日

教えられはするものの

アニメで見た西遊記。

孫悟空が、筋斗雲で、自在に飛び回る。

しかし、所詮は、お釈迦様の掌の上。

自惚れの愚かさを、教えてくれた。

だからといって、自分を正そうとしたわけじゃない。

そこまでは自惚れていないと、自惚れている。

などと、他人事のように解説することが、すでに自惚れ。

どこまで行っても、「自分は正しい」だ。

何と言うか、本能のようなもの。

治そうとしても、根は深い。

治せると思うことこそ、自惚れそのもの?

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 最初で最後の一葉 | トップページ | ちょっとした大事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教えられはするものの:

« 最初で最後の一葉 | トップページ | ちょっとした大事 »