« 考えるな感じろなのか | トップページ | 古いから新しく »

2018年9月30日

所詮は偽物

本物に触れると、偽物との違いが分かる。

そのはずなのだが、そうならないことも。

あまりに、偽物が、巧妙すぎる場合だ。

こうなると、素人目には、見分けが付かない。

結局、偽物を、本物だと、有り難がることに。

笑いが止まらないのは、偽物業者。

この世の春を、謳歌している。

だからといって、偽物に与するつもりは、サラサラ無い。

いつかは、その偽の春も、終わる。

そして、やって来るのは、本物の冬。

それも、猛烈に厳しい冬だろうから。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 考えるな感じろなのか | トップページ | 古いから新しく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 所詮は偽物:

« 考えるな感じろなのか | トップページ | 古いから新しく »