« 先例から学ぶべきことは | トップページ | セミの一生 »

2018年8月14日

いやはや知らぬことばかり

ニュース記事を流し読みしていたら、「後生大事に」という言葉が。

この後生という言葉も、仏教用語にある。

字面で説明すれば、死んだ後の生まれ。

死んだ後に、浄土に生まれる、と言った感じだろうか?

なぜ後生に引っかかったかといえば、最近読んでいる蓮如上人の御文章に出て来たから。

それも、「後生の一大事」という表現で。

素人には、難解な概念なのだ。

ちょっとした心トレから始まり、心を知ろうとして、仏教を学び出す。

その結果、毎朝、文語体の文章と格闘。

そして、自分の無能さに、打ちひしがれている、と。

ただ、それさえ楽しめているのも、事実。

生産性は無いのだろうが、充実した時間ではある。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 先例から学ぶべきことは | トップページ | セミの一生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いやはや知らぬことばかり:

« 先例から学ぶべきことは | トップページ | セミの一生 »