« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月31日

いつまでも続くと勘違い

PC画面のすぐ上に、小窓がある。

その小窓、道路に面しているので、外の動きが分かる。

すると、決まった時間に、決まった荷物を運ぶトラックに、気付かされた。

それは、晴れていようが、雨だろうが、変わりない。

私の目に見えるのは、材木積んだ、緑色の大型トラック。

しかし、実際は、毎日、違うドライバーかも知れぬ。

積んでる荷物だって、同じ材は、一本たりともないだろう。

つまり、同じようで、実は、まったくの別物。

見た目が変わらなければ、つい同じものと、見てしまう。

大いなる勘違いの、温床だろう。

今日の自分は、昨日から、どう変わったのだろう?

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月30日

それって真実か

毎朝、天気予報を確認する。

それを元に、その日の行動を考える。

しかし、予報は、あくまでも予報。

決して、真実ではないのだ。

よって、晴れのはずが、いきなりの豪雨なんてことも。

つまり、真実以外を信じると、とんでもないことになる可能性がある。

そして世間には、悪意を内包した、真実もどきも、散見する。

だから、自分の目を、しっかり持たねばならぬ。

皆がやってても、皆、騙されているかも知れない。

そんな一から十まで疑ってると、ひねくれ者に?

それで真実を見ることが出来れば、安いものだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月29日

何気ない凄さ

「加齢とともに、物覚えが悪くなった」

そうぼやく高齢者に、こんなツッコミが入った。

「その代わり、物忘れが良くなったでしょ」

普通なら落ち込むところを、笑いに変える。

これもひとつの、知恵だろう。

笑うことで、NK細胞が、活性化するという。

その結果、ガンに対する免疫力が、アップ。

知らず知らずのうちに、健康への道を歩んでいたのだ。

ただ、笑っているだけで。

身体というのは、摩訶不思議なものだと、実感。

何気なくやってることが、とんでもないことだったりするのだから。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月28日

選ぶクセ

「ただ生きてるだけでは、意味がない」と言う人がいる。

「いやいや、生きてるだけで、素晴らしいのだ」そう断言する人も。

ここまで食い違うと、どちらが正しいのか、分からなくなる。

だから、自分に合った方を、選ぶだけ。

ただ油断すると、つい、楽な道を選ぼうとする。

楽に楽にと、気がつけば、流されている。

それでも、その結果を、甘んじて受け入れられるか?

選択を間違った自分の責任だ、と。

楽ばかりしていると、まず、受け入れられない。

そのことに関しても、やはり、楽になりたがるから。

たまには、流れに逆らう刺激も、新鮮なのだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月27日

確実な未来

たまたま見た番組の中で、コメンテーターが、子供たちに熱弁を。

「君たちの未来は、明るいのだから」

今でも、耳障りが良いだけの言葉を、垂れ流すのか。

そう思い、チャンネル変えた。

でも、ある話を、思い出した。

それは、唯一、未来形しかない単語の話。

それが、まさしく「死」であった。

「私は、死んだ」という過去形も、「私は死んでいる」という現在形も、事実ではない。

言えることは、ただひとつ、「私は死ぬだろう」の未来形。

対象が、例え、子供たちであろうと、動かせない真理だ。

それを踏まえた上で、明るい未来を、どう切り開くか?

大きく重い、課題であろう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月26日

押さえるべきところ

PCのOSをアップグレードしたら、特定のページが、正しく表示されなくなった。

linuxを使っているため、こういう場合は、すべて自己責任となる。

よって、自力で解決せねばならない。

結果的に、他のブラウザを使えば、正常表示される。

追求していけば、根本的に解決できるだろうが、時間が勿体ない。

だから、他のブラウザを使うという、次善の策を、採用することに。

この場合、終わりよければ全て良し、だ。

でも、心の場合は、そうもいかない。

たまたま終わりが良くても、始まりが悪いままなら、いつかは破綻する。

やはり、押さえておかねばならないポイントは、あるのだ。

そのことを、やり過ごしても、何ら良いことはない。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月25日

こんな場所にも隠れていたのか

いつの間にか、PCのディスク使用量が、50%を越えていた。

去年は、30%前後だったので、1年で2割も増えたことに。

原因は、リハビリも兼ねている、デジカメ撮影の画像ファイルだ。

このまま、何もしなければ、2年もせぬうちに、不具合を起こすだろう。

よって、画像ファイルを、引っ越しさせることに。

外付けハードディスクだけでは不安なので、Googleフォトにアップロード保存を。

これが、フォルダごと移動できないので、時間がかかる。

ただし、良い面もあるのだ。

それは、画像を1枚ずつ、見直せるということ。

そこにあるのは、忘れていた、過去の時間。

数字とアルファベットのファイルの中に、しっかり心が、埋め込まれていた。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月24日

台風が教える有り難み

夜中に、大きな音がし、目が覚めた。

どうやら台風が、近づいて来た模様。

現在の技法で立てられた家なら、大抵の台風など、問題ない。

しかし、昔の家では、そうもいかなかっただろう。

おそらく、台風の度に、恐怖に襲われたことは、想像に難くない。

そのような苦悩が、今は、不要なのだ。

では、その不要になった分、幸福度が増えているのか?

「う〜ん」と言いつつ、首かしげてしまう。

今の時代、実は、幸福が見えにくくなっていないだろうか?

考えたら、そちらの方が、恐ろしい。

せめて、自分は、そのありがたみを、味わいたいもの。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月23日

とてもじゃないが手に負えぬ

どのような努力も、方向を見誤っては、台無しとなる。

でも、努力している間は、周りが見えなくもなる。

だから、たまには、小休止。

正しく進んでいるか、チェックが必要に。

でも、そのチェック方法が、間違っていたら?

結局、とんでもない努力をしてしまうことと。

そんなことを言われても‥‥

そう思ってしまうのが、凡人の性。

などと書きつつ、そこまで凡愚ではないと、思ってしまう自分の心。

悟りの心なんてあるが、まさに、この対極だろう。

いやはや、自分の心などと言いつつ、どこが自分のものなのだろう?

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月22日

一見すると善行為

褒めるという行為がある。

その行為は、善悪どちら?

そう問われれば、善の方だと答えるだろう。

しかし、果たして、そうなのか?

ひょっとしたら、何か、勘違いしていないだろうか?

精査してみたら、一つのことが見えてきた。

そもそも褒めるとは、相手を認めるということ。

ただ、その認め方に、上から目線が入っているのだ。

通常、褒める場合は、上から下だろう。

教師が生徒を褒める、といったような。

だから、褒める側に、つい偉そうな心が入り込むのだ。

善でも何でも、ないではないか。

表面なぞるだけでは、見えない世界。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月21日

出会いをきっかけとして

靴が無いことを悩んでた、足の無い人に出会うまで。

昔読んだ本にあった一文。

この一文に、ハッとするものを感じるか?

感じたとしたら、どう行動するか?

たった一行の文章が、きっかけとなる場合もある。

逆に、「ふ〜ん」と済ます人もいるだろう。

そういう人とは、関わらない。

価値観が違うため、関わるだけ、虚しくなるから。

それでも、先のような一文と、出会っただけましかも。

出会うことさえ無い人の方が、遥かに多いだろうし。

とにかく、出会いというのは、ひとつの奇跡。

活かすも殺すも、自分次第か。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月20日

すでに届いているということ

今では、多くの人が手にしているスマホ。

だからといって、その原理を、理解しているわけじゃない。

それらを知らずとも、普通に、使えるからだ。

指先を動かすだけで、いろいろなことが、出来てしまう。

この場合の「出来る」は、どこに繋がっているのか?

パッと見、自分が出来るように感じる。

でも、出来ているのは、スマホ本体なのだ。

スマホの中に、すでに、「出来る」ことは、含まれている。

自分がやっているのは、指先を、動かしているだけ。

自分が知っているのは、指先を動かせば、どう表示されるかだけ。

すでに、それは、届いている。

それに気づくか、どうかなのだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月19日

ピュアな心とか

「ピュアな心」というコピーを見た。

心は純粋無垢ということだろうか?

でも、実際は、どうだろう?

観察するにしても、対象は、自分の心のみ。

他人の心なんて、分かりようもないから。

そこで、改めて、自分の心と対峙してみる。

ピュアか?

どこをどうみても、その逆としか思えない。

であるなら、そのコピーが言いたかったのは、理想?

だとすれば、言えることはある。

汚れは、落とすべきなのだろう、と。

まあ、それだけで、一生掛かりそうだが。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月18日

選択する時の流れ

人生は、選択の連続。

よって、選択する際は、考える。

にもかかわらず、ミスをする。

所謂ところの、選択を誤った、と。

なぜなのか、一つの仮説が、浮かんでくる。

何かと言えば、それまでの流れに任せ、選択していること。

本当は、右折しなければならぬのに、それまで直進していたから、そのまま真っ直ぐ。

結局、人は、変化を嫌うのだろう。

だから、変わらねばならない時に、変われない。

そして、しばらく経って、後悔している。

つまりは、何も考えていないということか。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月17日

いつもの道が迂回路に

幹線道路が、通行止めに。

当然、迂回路を使うことになる。

大抵は、狭い道だろう。

それが、日頃とは異なる交通量に。

ただでさえかかる時間が、益々かかる。

苛ついたとしても、分からぬ話ではない。

でも、最も大変なのは、その道を、日常使いしていた人。

その人にとっては、迂回路でも何でもない。

それが、ある日突然、様変わり。

本人のあずかり知らぬ所で、勝手に決められて。

そういうことが、普通に起こる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月16日

それしかなければ

秋になれば、涼しくなる。

それを知るから、夏の猛暑も、耐えられる。

それもこれも、四季があるから。

もし1年365日、猛暑のみなら?

最初からそうだったら、悩むこともない。

しかし、ある日突然、そうなったら?

おそらく、多くの人が、なぜ?と考える。

そして、ああだこうだと、考察するだろう。

それでも、解決策が、見当たらなければ?

猛暑日しかないことを、受け入れるのみ。

いくら不満があろうとも、出来ることは、そこしかない。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月15日

セミの一生

今の時期、外に出れば、飛び込んでくる。

盛んに鳴いてるセミの声が。

セミの一生といえば、7年間地中で暮らし、外に出て、1周間で寿命を迎える、と。

そこで、セミの一生は、儚いとか言われる。

それは、単に、目に付く部分のみの評価では?

外を飛び回るだけが、生きるということでもないだろう。

7年間、地中で生きてきたのだ。

果たして、これほど生きられる、虫がいるのだろうか?

そう考えると、セミって、しっかり生きている。

まさに、地に足がついた生き方、というもの。

儚さなど、これっぽっちも、感じない。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月14日

いやはや知らぬことばかり

ニュース記事を流し読みしていたら、「後生大事に」という言葉が。

この後生という言葉も、仏教用語にある。

字面で説明すれば、死んだ後の生まれ。

死んだ後に、浄土に生まれる、と言った感じだろうか?

なぜ後生に引っかかったかといえば、最近読んでいる蓮如上人の御文章に出て来たから。

それも、「後生の一大事」という表現で。

素人には、難解な概念なのだ。

ちょっとした心トレから始まり、心を知ろうとして、仏教を学び出す。

その結果、毎朝、文語体の文章と格闘。

そして、自分の無能さに、打ちひしがれている、と。

ただ、それさえ楽しめているのも、事実。

生産性は無いのだろうが、充実した時間ではある。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月13日

先例から学ぶべきことは

偉人の最期の言葉をまとめている、サイトがあった。

そこに横たわっていたのは、後悔。

結局、自分は、何をやってきたのか?

それを嘆きつつ、死を迎えていた‥‥

偉人と呼ばれる人たちでも、そうなのだ。

自分のような凡人では、どうなることか。

そのことを、はっきり、認識しておく。

すると、今、この瞬間に、やるべきことが見えてくる。

そもそも、人として生まれてきたことが、奇跡的。

なのに、あまりに、のんべんだらり。

これまでの生き方に、喝入れ直す。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月12日

季節が変わるということは

毎日暑いと言いつつも、空を見上げれば、秋の雲。

季節は、確実に、移ろっている。

また一歩、人生の終幕に、近づいたことに。

でも、その移ろいが、ゆっくり過ぎて、実感に乏しい。

もし、ジェットコースター並みのスピードだったら?

さすがに、感じることもあろう。

何と言っても、終点が、グングン近づいてくるのだから。

おまけに、ブレーキの気配さえない。

レールもどうやら、切れている。

なのに、呑気に、ぼんやり過ごす?

だから、やるべきことを、しっかりと。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月11日

心を構えて

大昔は、五体満足であることが、最低の生きる条件。

障害があるだけで、生き残れなかった。

だからこそ「五体満足で生まれさえすれば」という台詞が出てくる。

その流れは、今も続く。

さすがに、障害があるだけで、すぐ死ぬようなことはない。

それでも、社会の前提条件は、五体満足なのだ。

これは、未来永劫、消えないだろう。

だから、障害を持つ方が、覚悟を決めねばならない。

他人の優しさなんか期待すれば、足元すくわれる、と。

すくわれても、ひっくり返らぬよう、心を鍛える。

理不尽さの風雨に晒されても、風邪引かないように。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月10日

征服すべき山があり

発症当時、時間が経てば経つほど、麻痺が進んだ。

映像の早送りのように、日に日に、動かなくなっていた。

その状態で、死を意識するなと言う方が、無理だろう。

しかし、不思議なことに、あっさりしたものだった。

死んだ後のことを、事務引き継ぎみたいな感じで、書き記した。

過大に評価すれば、死に対し、狼狽えることがなかった?

ただ、死の予感が無かったのも確か。

麻痺が進んでいたにも関わらず、何となく、まだ死なないかな、と。

だから、淡々と、遺言書もどきを作成できたのだろう。

これをもって、死を乗り越えたとは、思ってもいない。

その前に、超えるべき、大きな山があるわけで。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 9日

こんなとこにも

クレヨンしんちゃんという、アニメがある。

主人公である野原家の掛け軸には、「色即是空」

実は、奥深い設定だったりするわけで。

そもそも、色即是空って、どういう意味?

まさか、しんちゃんが説明するわけじゃない。

だから、自分で、学ばねばならないわけだ。

しかし、たかがアニメのワンシーンについて、そこまでやるか?

ただ、アニメに限らず、生活シーンのあちこちに、仏の教えが、散りばめられている。

そこに気づいて、学ぶかどうかだろう。

元は、ブッダが2600年前に説いたもの。

それらが、色褪せることなく、心を鍛える教材となる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 8日

心の中の恐ろしさ

心を鍛えようと、まずは、心そのものを調べる。

調べれば調べるほど、その劣悪さに、愕然とする。

そこに広がるは、まさに、救いのない世界。

それもこれも、自業自得、自分でまいた種なのだ。

後は、死んだら、地獄行き。

あ然とするしか無かった。

ここまで来て、ようやく、歎異抄の「悪人」の輪郭が、ぼんやりと。

心って、簡単な文字である。

しかし、書けることと、意味を知ることとは、次元が違う。

書けるから、読めるからと言って、心を知るわけじゃない。

下手な怪談よりも、恐ろしい世界が、広がっているのを、実感してしまう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 7日

回り道も糧にして

入院中のリハビリは、筋トレがメインだった。

しかし、なぜ、こうするのか?

その理論説明までは、無かった。

よって、退院後、自分で筋トレの原理を、学んだわけだ。

仕組みさえ分かれば、応用が効く。

独自のプログラムさえ、開発できるようになる。

では、心に関しては?

心理学やスピリチュアル、その他、諸々の心関連を、調べてみた。

それでも、なかなか、腑に落ちるところまでは、行かなかったのだ。

それらが巡り巡って、仏教にたどり着く。

初めて、心の仕組み、成り立ちというものが、ストンと落ちる。

落ちれば話は、早いだけ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 6日

他力本願っていいんじゃない

プロ野球のニュースで、ある球団の自力優勝が、無くなった、と。

「あとは、他力本願にかけるしかない」とか。

そもそも、自力とか他力は、仏教用語から来ている。

ただし、意味は、かなり違っているようだが。

以前、仏教は、自力で悟りを開くものじゃないのか?

そう考えていた。

しかし、他力本願の真の意味を知ると、景色が一変。

確かに、自力は、大変な仕事だ。

でも、他力にしたって、生半可なことではない。

ブッダの教えが、仏教なのだ。

だから、素直に、それを学べば良い。

生きてるうちに、学び取れと、言われているのだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 5日

いつの間にか固くなり

心の状態を、如実に現す一つが、涙。

悲しい時、涙を流す。

逆に、嬉しい時にも、涙をこぼす。

悔し涙など、まさに心の叫びだろう。

そんな涙を、最後に流したのは、いつだろう?

穏やかな心で生活しているので、涙とは無縁。

そういう人も、いるかも知れない。

でも、感受性が、鈍っているだけだとしたら?

元々は、柔軟な心だったはず。

それが、いつの間にか、凝り固まっている。

ストレッチは、毎日やらねば、意味がない。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 4日

鵜呑みしてるといつの間にか

毎日、暑いとか、熱中症注意のニュースばかり。

こうなると、出てくるのが、地球温暖化。

しかし、半年前のニュースでは、異常寒波による凍死者続出。

世界規模で、多くの凍死者が出ていた。

国内だけでも、1000人以上が、凍死しているのだと。

熱中症で亡くなる人の、1.5倍にもなるらしい。

であるなら、温暖化でも何でもない。

まったく違う何かが、起こってるとしか思えない。

マスコミ等、自分たちに都合の良い情報しか、流さない。

それを元に判断すると、道を誤る。

まさに、生き方にこそ、言える話だ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 3日

底の知れる言動には気をつけて

窓から外を見ると、赤とんぼが乱舞している。

ところが、ネット情報によれば、赤とんぼは減少している、とか。

そして、分かったことは、一つの勘違い。

私が、赤とんぼだと思っていたのは、ウスバキトンボという種らしい。

危うく、大恥かくところだった。

姿形が似ているからといって、本物とは限らない。

ここから、どう進むか?だ。

絶対に本物でなければと、求道するのか?

もしくは、模造品でもいいやと、気楽に構えるのか?

それぞれの、心の有り様だろう。

ただ、恥ずべきは、勘違いのまま、進むこと。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 2日

困難の中もっと困難を

先日のこと、目の前で、カラスが雀を、捕食した。

鳥が鳥を襲う光景など、初めてで、ビックリもした。

まさに、野生の弱肉強食か。

油断していると、死に、直結しているのだ。

ならば、落ち着いて暮らせというのが、無理な話だろう。

でも、油断大敵なのは、人間も同じ。

いきなり襲われることは無いにしても、足元すくわれることは、珍しくもない。

ボーッとしていると、あっという間に、やられていたりする。

そう考えれば、生きるということは、なかなかに難事業。

そういう中、はっきりとした目標を定め、歩んでいく。

ますますもって、難しくなる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 1日

正しいかどうか他人は知らぬ

ふかふかの座布団の上で、あぐらをかいている。

その座布団を、後ろから、いきなり抜かれたら?

間違いなく、ひっくり返るだろう。

と同時に、後ろの人間を、怒鳴るはず。

この場合、悪いのは、どっち?

表面だけ見れば、後ろから、座布団を抜いた者。

でも、座布団が、その人の物だったら?

それも、ある日突然奪われた、大切にしていた品だとしたら?

だいぶ見え方が、変わってくる。

にもかかわらず、盗人は、猛々しいのだ。

声を大に、己の正当性を、叫ぶことだろう。

そして、周りも、同調していく。

そういう中で、踏ん張る力を、持っているだろうか?

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »