« 手を伸ばせば掴めそうな雲のよう | トップページ | 守りは固めておく »

2018年7月21日

すべてが思い描いたとおりじゃないから

ある部署に、追加の仕事が来たとする。

すでに、自分の仕事として、割り当てられた分がある。

それが手一杯だからと、追加分を拒否する人がいる。

それを傍目に、仕方ないと、引き受ける人も。

そこに見えるのは、わがままと我慢の対峙。

もし我慢して引き受ける人がいなければ、前者に拒否権など発生しない。

それがいやなら、退職するしかないだろう。

そんな理不尽が、まかり通って良いのか?

良い悪いではなく、事実として、あるのだ。

この事実としてあることを、いかに受け止め切れるか?

柔な心じゃ、すぐヘタれてしまう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 手を伸ばせば掴めそうな雲のよう | トップページ | 守りは固めておく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すべてが思い描いたとおりじゃないから:

« 手を伸ばせば掴めそうな雲のよう | トップページ | 守りは固めておく »