« 好き嫌いの紙一重 | トップページ | 焦点が合ってくると見えてくる »

2018年6月30日

文句も言わずその環境の中で

庭の一部に、防草シートを張っている。

草取りの手間を、省くために。

そのシートを、めくってみた。

すると、弱々しいながらも、いろいろな植物が、芽を出していた。

最悪の環境にも関わらず、何とか、伸びようとしていた。

光が当たらなくても、生きていないわけじゃない。

心もそうなのだろう。

光の当たる面のみに、注目してしまう。

でも、光の当たっていない、自覚さえしていない部分では?

様々な動きがあることは、容易に想像できる。

ただ、それを確認する術を、知らないだけで。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 好き嫌いの紙一重 | トップページ | 焦点が合ってくると見えてくる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文句も言わずその環境の中で:

« 好き嫌いの紙一重 | トップページ | 焦点が合ってくると見えてくる »