« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月28日

不得手

どんな人にも、得手不得手なるものがあるだろう。

当然、自分にもある。

そんな不得手なことを、眺めつつ、疑問を持つ。

なぜ、いつまでも、不得手なんだ?

考えるまでもなかった。

不得手なままでも、何ら困ることがなかったから。

だから、克服しようと、努力することもなかった。

結果、不得手は不得手なまま、で。

今更、不得手を克服し、成功体験を積む?

正直、どうでもいい話となっている。

せめて、不得手なのに、得手みたいな顔だけはせぬように。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月27日

量と質

一を聞いて、十を知る。

それが出来れば、どれほど良いか。

十を聞いて、一を知るのが、やっとの自分。

まだまだ先は、長そうだ。

なのに、寿命には、限りがある。

いつまでも、先のことで済ますわけにもいかぬ。

時に限りがある以上、やれることは、ただひとつ。

密度を濃くし、質を上げるのみ。

それでも、間に合わぬかも知れぬ。

でも、それは、仕方のないこと。

やるだけやって、ダメなら、そこまでで。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月26日

結果が出るから

腕を前から上にあげて、大きく背伸びの運動から。

ラジオ体操の、始まりだ。

しかし、私の身体では、無理な動き。

特に、右腕の方は、上がらない。

それでも、当初の、まったく上がらないからは、マシである。

少しは、上がるようになっている。

これを見るたび、思うのだ。

回復しないと言われたが、少しは回復してるじゃないか、と。

だから、無駄に見えるリハビリも、継続できる。

少しでも可能性があるなら、賭けに出る。

まあ、リスクのない、ギャンブルみたいなものではあるが。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月25日

悲の力

オリンピックの中継を見ていると、まさに、悲喜こもごも。

いろいろな人が、いろいろな表情を、見せてくれる。

その中には、心動くものもある。

その時、ふと、気づいたことが。

それは、心動いたのが、圧倒的に、「悲」の場合だったのだ。

勝者に「いいね」はあっても、そこ止まり。

逆に、敗者の姿に、心がざわめく。

泣きじゃくる姿が、過去の自分の悲しみと、結びつくだろう。

それだけ、悲しみの共感力というのは、強いようだ。

それを、どう、紡いでいくか?

泣いてるだけでは、前進しない。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月24日

人として

人生という文字を、眺めてみる。

そこには、人として生きるとある。

人として生きて、初めて、人生と呼ばれるのだろう。

では、人として生きるとは?

明確な解答など、どこを探しても、見つからぬ。

いろいろな人が、ああだこうだと、主張するのみ。

結局、その中から、自分に合ったものを、選択していく。

その手腕が拙いと、碌なものを選ばない。

結局、人として生きていないことに。

最終的に、とんでもない人生だったと、成りかねない。

せめて、それだけは、避けたいもの。

一応、人として、生まれて来たのだから。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月23日

好循環

車イスには、手動と電動の、二種類がある。

私の場合、両腕にも麻痺があるため、当初、電動車イスも検討した。

両腕に、均等な力が入らないため、なかなか真っ直ぐ、漕げなかったからだ。

しかし、電動で、楽を覚えると、両腕も、このままなのでは?

その思いもあり、不便さよりも、回復させる方を選択。

結果的には、それで良かった。

でも、それは、結果論でしかない。

ひょっとしたら、腕に無理をさせ、余計に麻痺していたかも。

ただ、当時は、身体とは関係ない要素も、確かにあった。

はっきりいえば、お金。

半年以上に渡る入院生活で、電動車イスを購入できるほどの、余裕がなかった。

まあ、いろいろなことが、好循環していたということで、結果オーライ。

このお気楽さが、ひとつの強みでもある。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月22日

宝の自覚

誰かに、何かを、要求する。

当然ながら、対価が発生する。

日頃の関係が良ければ、感謝の言葉が、対価となることも。

しかし、原則として、無償は、あり得ぬという、意識を持つ。

つまりは、やってもらって当然、などという傲慢さを消していく。

さもなければ、嫌な人間の出来上がり。

仮に、自分には、何も与えるものがないとする。

しかし、それは、真実だろうか?

卑下しすぎた、単なる思い込みなのでは?

誰もが、自分なりの宝の山を持つ。

それを、開示すれば良い。

さすれば、誰かに、求められることもあるだろう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月21日

夢と現

夢の中は、甘美な世界。

だから、いつまでも、見続けたい。

分からなくもない。

しかし、夢は、覚めるもの。

覚めた瞬間、厳しい現実が、目の前に。

それを避けることは、無理な話。

だから、皆、苦労しながら、現実と、対峙している。

パンがなければ、ケーキを食べれば良いわけじゃない。

パンがなければ、ただ、ひもじいだけ。

夢や希望、現実とは、別の世界。

履き違えたら、苦労する。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月20日

子供でも師

今、小学生の間で流行ってるゲームは何か?

そう問い掛けられても、即答など出来ない。

ゲームは門外漢だし、周囲に小学生などいないから。

なのに、どうしても、答えねばならないとしたら?

伝手を頼って、小学生に、聞きまくる。

それが、最善手だろう。

この段階で、その小学生は、師となる。

自分の知らないことを、教えてくれるからだ。

その教えを、素直に、耳にできるか?

子供だからと、バカにすることなく。

現実社会、知らないことの方が、多いのだ。

誰に教えられるか、分からない。

素直さ持たねば、知らずに損を。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月19日

柔軟性

辛い出来事も、時が解決してくれる。

そう聞くと、時間というものが、万能選手のように。

しかし、逆に、残酷な面も、併せ持つ。

時の流れとともに、劣化するものも、数多ある。

時が経ったばかりに、役に立たなくなったりも。

何でもかんでも、時に任せるべきではない。

あくまでも、諸刃の剣なのだ。

そのような二面性、あらゆるものが、含み持つ。

ものだけでなく、人にも、当然あるわけで。

そのような二面性に、どう対応していくか?

柔軟性を、持つしかあるまい。

時と場合、また人によって、柔軟に。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月18日

試される

人生、順風満帆。

そう言い切れる人が、どれほどいるだろう?

大抵は、山あり谷ありとなる。

でも、周りの景色は、よく見た方が良い。

谷底で、落とし穴に、落ちてるかも知れないからだ。

そこから這い上がり、山に登ったと、勘違いしてるかも知れないのだ。

全身全霊打ち込んで、這い上がった先が、人生の谷底。

一体、どうなっているのだ?

そこで、嘆かず、もう一段、上を見上げる。

前向きに、進めるか?

その段階で、試されているのだろう。

誰の問題でもない、自分自身に課せられた試験。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月17日

分からぬはず

明日のことは、分からない。

十二分に、理解しているつもりだ。

もし、明日から、車イスの体になると、分かっていたら?

おそらく、出来る限りの抵抗をしただろう。

しかし、明日のことなど、知る由もなく‥‥

結局は、起きたことを、甘んじて受け入れるしかなかった。

それでも、喉元過ぎれば、なんとやら。

明日のことを、分かったつもりでいたりする。

そこには、何の根拠もなかろうに。

一体、どういうことなのだ?

易き方へ流され、それに、ついつい慣れ親しんで。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月16日

見習って

毎朝、決まった枝に止まる、小鳥がいる。

何が目的なのか、知る由もない。

ただ、一本の枝に、止まっているだけ。

しかし、野生の生き物が、無為なことをしているとは思えない。

油断すると、天敵に襲われる、厳しい世界。

エサだって、誰かが、用意してくれるわけでもない。

人間の目には、ただ、止まっているだけに見えるその姿。

実態は、懸命に、生き抜いているわけだ。

それからすれば、何とぬるい、自分の生き方。

小鳥の足元にさえ、及ばない‥‥

「よし」と一発、気合を入れる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月15日

食事一つ

例えば、食事一つとっても、どこを向いてるかで、意味合いが変わってくる。

それは、食べるために、生きているのか?

それとも、生きるために、食べるのか?

そんなことは、個人の勝手、好きに食べさせろ。

当然、おっしゃるとおりなのだ。

逆に、個人の勝手だからこその、問題だとも言える。

何をどうしようと、すべては、自分の双肩にかかってくる。

要は、そのことさえ、しっかり認識できていれば良い。

この、いかにも簡単そうなことが、難しい。

でも、難しいからこそ、やりがいも。

その気持ちの張りが、原動力となる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月14日

ベターでも良し

こういう人間には、なりたくない。

そういうタイプと遭遇すれば、つい、反面教師としてしまう。

しかし、意外な盲点が。

それは、反面教師の印象が強すぎ、自分の中に、落とし込まれるのだ。

そして、無意識のうちに、そういうタイプのことが、頭の中に浮かんでしまう。

気がつけば、その色に、染まりかねない。

だから、反面教師を、持つことは、ほどほどに。

それよりも、こうありたいという見本を、浮かべる。

長所で短所を、覆い隠すような感覚で。

これさえ、完璧なやり方では、ないだろう。

ただ、よりベターな方を、選ぶというだけのこと。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月13日

されどひと粒

一日の間に、いろいろなことが起こる。

それに伴い、いろいろ考え、行動していく。

一日の終わりに、それらが、ひと粒の結晶となる。

果たして、それは、どんな色?

輝いている?

それとも、どんより濁ってる?

これまで成してきた粒の山、どう見えている?

紛れもなく、自分で作り上げてきた、砂の山。

その山自体を、変えることは、叶わない。

それでも、その上に、新たに積むことは、何とか出来る。

渾身のひと粒を、そのてっぺんに。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月12日

好循環

先日、プロ野球キャンプの、観戦に行った時のこと。

車イスなんて、自分くらいだろうと、思っていた。

すると、想像以上に、車イスで来場している人々の姿が。

その理由を、考えてみた(ファンであることは、除いて)。

思い当たるのが、バリアフリー。

球場施設から、スタッフの対応まで、ほぼ完璧に近かった。

つまり、車イスでも、ストレスフリーで、利用できたのだ。

当たり前といえば、当たり前のこと。

でも、世の中、その当たり前でないことの方が、断然多い。

出かけても、ストレス溜まるような場所には、わざわざ足を向けることはない。

逆に、歯車が、ひとつ良い方へ回ると、それはどんどん、強くなる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月11日

こちらの変化

車イスの体になり、布団に寝ることは、無くなった。

別に、寝られないわけじゃない。

そこから、車イスへの移動が、ものすごく大変になるだけで。

ベッドから、車イスの座面へは、ほぼ水平移動。

だから、エイヤッという感じで、移っていける。

これが、布団からだと、垂直運動となる。

鉄棒にぶら下がって、横に移動は出来ても、懸垂が難しいのと一緒。

両腕だけで、自分の身体を50cm持ち上げるのは、非情に困難なのだ。

厳しいリハビリ重ねても、3ヶ月ほどかかったくらいの。

いくら、布団が魅力的と言っても、どうにもならないこともある。

布団に限らず、いろいろ、どうにもならないことがある。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月10日

咳一つ

寝付こうとすると、止まらなくなる咳。

おかげで、睡眠のリズムが、狂いっぱなしに。

その数日来、苦しめられてる咳が、止みつつある。

それも、「この辺で出るのでは?」というタイミングで、止んでいる。

ようやく完治宣言しても、良さそうだ。

そして、何の障害もなく、眠りに就けるだろう。

また、今夜も眠れないのか、などと考えることもない。

そのありがたさが、身に沁みる。

まさに、失くして初めて分かる、ありがたさを。

そして、改めて、自分の身体のタイムリミットも、実感できた。

つまらぬことに費やす時間など、露ほども残っていない。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 9日

日常こそが

窓の外は、一見、小春日和。

何も考えず外に出たら、震え上がった。

気温が5度も、無かったからだ。

あやうく、再び、体調崩すところだった。

部屋の中は、日が差し込み、ポカポカ陽気。

おまけに、数日は、ベッドから出ることもなかった。

だから、つい外も、同じだろうと錯覚。

というより、まだ、頭が回っていなかったのだろう。

ニュースでは、しょっちゅう、この冬一番の冷え込みなどと、言っていたのに。

やはり、何かがひとつ崩れると、あちこちに飛び火する。

そして、想定外のトラブルさえも。

そうならぬための、日常の大切さ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 8日

持ってない

何かを持っていない人。

持っていても、持っていないふりをする人。

どちらも、傍目には、何かを持っていない人。

でも、中身は、雲泥の差。

持っていないふりをしている人は、容易に、持っている人になれる。

しかし、元々持っていない人は、どう転んでも、持ちようがないのだ。

ただ、持っていなくても、持っているふりは出来る。

三文芝居の域は出ないだろうが、当面、誤魔化せる。

問題なのは、あくまでも、ふりなのに、自分は持っていると錯覚すること。

こうなると、たちが悪い。

自分で、認めることなど、あり得ないからだ。

持ってなければ、持ってないと、認めた方が、上手くいくはずなのだが。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 7日

最低条件

先日、「習うより慣れろ」を、痛感した。

ああだこうだ考えてるくらいなら、まず実践してみる。

すると、分からなかったことでも、ふと出来たりするのだ。

そういうことを繰り返すうち、仕組みを理解してくる。

仕組みが分かれば、後はスムーズだ。

最初は、このスムーズに行くことを目指し、ああだこうだと考える。

でも、理解できずに、立ち止まる。

結局、仕事は、前に進まず‥‥

ただし、無鉄砲に、飛び込んでも、上手く行かないだろう。

まず実践するための、基礎というものは、やはり必要。

飯を炊くには、まず水を入れる。

火を着けてから、水を入れても、ダメなのだから。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 6日

熱さえも

今回のインフルエンザでは、40度近い熱が出た。

半日ほどで、下がったため、個人的には、苦でもない。

何と言っても、ポリオ発症時には、この高熱が、一週間続いたからだ。

解熱剤だけでなく、全身を、氷漬けされた。

それでも、下がらなかった。

考えたら、恐ろしい状況だったわけで。

しかし、当の本人は、意外にケロリ。

というより、熱で、思考回路が、上手く働いていなかったのだろう。

もう、なるようになれ、という感じだった。

ただ、その一週間で、身体はズタボロに。

そして、今に至るというわけだ。

高熱さえもが、思い出となっている。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 5日

罹患

風邪には、ひき始めというものがある。

この段階で、しっかり処置できれば、重篤にはならない。

問題は、ひき始めの、微妙な変化に、気づけるか?

早い話、発熱したり、咳が出だしてからでは、遅いのだ。

個人的には、得意な方だと、思っている。

日頃から、身体の変化には、敏感。

その流れで、「風邪かな?」にも、気づけるのだ。

ただし、油断は、禁物。

たまに、忙しさにかまけて、気づけないこともある。

そうなると、大変なのだ。

普通の人なら3日で完治するようなものでも、1週間かかってしまう。

こうなると、ただただ思う、後の祭りだな、と。

で、結局、インフルエンザに。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 2日

道具

遠くの景色を見たければ、望遠鏡を使えば良い。

道具一つで、不可能が可能へ。

では、道具なるもの、万能なのか?

例えば、昼間に、星を観たいとする。

天体望遠鏡を使っても、不可能なのだ。

そこには、夜という、絶対条件が横たわる。

この条件を外してしまえば、どれだけ良い道具を用意しても、無駄に終わる。

時と場合を考える。

意外に、無視していることがある。

道具の良さに、惑わされてしまっているのだ。

社会から見れば、人も、道具の一つといえるだろう。

どう使う?どう使われれる?

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 1日

違うからこそ

一般常識と言われるものと、離れた考え方をする場合がある。

大抵は、自分の方が、間違っている。

でも、すべてではない。

世間一般の方が、おかしいことだってあるわけで。

もちろん、そのことを精査する。

いろいろ調べ、学び、検証してみる。

その結果、自分は間違っていない。

そう確信できたのなら、迷わない。

自己責任で、自分の道を進むのみ。

ただし、これには、かなりの勇気が必要になる。

何と言っても、世間とは違う、生き方となるからだ。

世間と違う身体だからこそ、そこまで吹っ切れた。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »