« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月30日

見透かす

私の足は、動かない。

誰が見ても、第一印象は、こうだろう。

では、まったく動かないのか?

細部を見れば、否となる。

例えば、親指はまったくだが、小指ならピクリと動く。

後は、これをどう判断するかだろう。

ピクリと動くのだから、動くとみなす。

立てないのだから、動かないとする。

切り口いかんで、まるで逆の表現に。

これでは、どれが正しくて、どれが誤ってるか、分からない。

何かを表現していても、裏にあるのは?

そこまで見ないと、真実には、程遠い。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月29日

時と場合

何ごとにも、時と場合がある。

それを無視すれば、上手くいくことも、失敗となる。

わざわざ、言われる筋合いのものでもなかろう。

なのに、失敗しているのだ。

時と場合を、無視した結果。

この場合、無視というより、浅慮の方が強い。

その結果、無視したような形になった、と。

これ、意外に、過去の成功体験が原因だったりもする。

以前、上手くいったから、今回も、と。

つまりは、二匹目のどじょう状態。

すでに、この段階で、本人の願望という、欲が混ざり込んでいる。

時と場合を、上回る形で。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月28日

奥にあるもの

歩けなくなり、目の前に、二つの選択肢が現れた。

ベッドで寝たまま過ごすか、車イスで外に出るか。

どちらが善で、どちらが悪とかではない。

自分の意志が、どちらを取るか、だ。

寝たまま過ごすのなら、大したリハビリは、不要。

肉体的には、苦労せず済む。

逆に、車イスに乗るには、ハードなリハビリが必須となる。

この直近の条件だけで決めてしまうと、後悔するのが分かっていた。

今は苦しくとも、このリハビリを、乗り越えさえすれば‥‥

結果は、オーライだったと、思っている。

これが、日常生活の些事になると、ついやってしまう。

目の前の、安易な条件だけで、つい選ぶことを。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月27日

耳痛くとも

自分に向かって、苦言が飛んできた。

チャンス到来である。

素直に、耳を傾ける。

その苦言の、真の意味は何かと考える。

そもそも、誰かに、苦言を呈す事自体、エネルギーを使う。

それを、自分にしてもらったのだ。

感謝こそすれ、文句を言う筋合いなどなかろう。

結論を出すのは、じっくり精査してからでも、遅くはない。

それが、感情的な悪口だったとしてもだ。

苦言の意味を考えていれば、相手の感情に、飲まれることもない。

素直に耳傾けることが、大きな盾となってくれる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月26日

小さなことから

何かをやる気になった時に、水を差される。

文字通り、雨が降り出した、なんてこともあろう。

しかし、圧倒的に多いのが、誰かの言葉。

それも、他愛のないもので。

そう考えたら、言葉の力は、強大だ。

なのに、それを意識せずに使っているから、危険極まりない。

小さな言葉が、大きく作用する。

そういうことがあるのを、気にすべき。

誰にでも出来る、ちょっとしたことだろうし。

それだから、誰にも、気にされないのかも。

ならば、せめて、自分だけは、と。

その意識付けを、失わず。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月25日

振り回されず

ネットニュースを見ていると、定期的に出て来る、記事がある。

それは、「老後に必要なお金は5千万円」みたいなものだ。

確かに、老後に、お金は必要。

しかし、それ以上に、健康なことだろう。

ここで健康というと、身体の方にしか、注意が向かぬ。

でも、大事なのは、心が健康であること。

仮に、歳を取って、寝込みがちになったとする。

それでも、ハツラツと過ごすことは、出来るのだ。

心に張りさえ持てれば、どうにでもなる。

通常、身体が寝こむと同時に、心まで寝込んでしまう。

これでは、いくらお金があっても、無意味のような‥‥

そうならぬために、今、何をなすべきか?だと思う。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月24日

小さくとも

車イスには、前輪と後輪、あわせて4つの車輪がある。

それぞれが、地面と接して、動いていく。

たった4つの接点で、だ。

たったと書いたが、それは、絶対でもある。

もし、その接点が、ひとつ減ったら?

あっという間に、バランス崩す。

思い通りに進まないのはもちろん、下手したら、転倒さえしてしまう。

4つが揃って、初めて、役に立つ。

だから、段差があったり、穴が空いてたりは、要注意。

不便というより、危険だから。

ちょっとのことが、命取り。

そういうことも、あるわけで。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月23日

いろいろあるも

今の時期の肌寒いは、好意的に感じる。

なぜなら、夏の猛暑が、終わろうとしているから。

これが、冬の日の肌寒いとなると、評価が一変する。

今日も一日寒いのかと、げんなりに。

ただの肌寒さが、いろいろな顔を見せてくる。

しかし、そんな顔を持つわけではない。

自分の心が、反応しているだけ。

周りに感化され、右へ左へ。

いろいろなことが、いろいろな顔を見せる。

まさに、錯覚そのものだろう。

いろいろな顔など、存在しない。

あるのはひとつと、心に留める。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月22日

移り変わるということ

朝、窓を開けると、冷たい空気が、流れ込む。

この一点だけで、秋だと感じる。

熱帯夜とか、つい先日まで、普通だった。

なのに、遠い昔のような感覚だ。

季節の移り変わりを、実感できる期間は、短い。

油断してると、すっかり様変わり。

だから、貴重なのだ。

この移り変わり、後何回、味わえるだろう?

逆算すれば、貴重さこそが、身に沁みる。

身に沁みればこそ、無駄には出来ぬ。

あらゆるものが、指の間から、こぼれ落ちていく。

そういう中を、生きている。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月21日

自と他

一つの言葉に、感動する。

琴線に触れたかのごとく、心が震える。

まさに、感極まれり。

では、その言葉を、他の人に、紹介するとして。

果たして、どれくらいの人が、感動するだろう?

若干の反応はあっても、同様のとなれば、稀有だろう。

なぜなのかと、考えるまでもない。

これまでの来し方が、異なるからだ。

この当たり前のことを、つい失念する。

だから、相手の無反応に、反発したりも。

悪いのは、どちらだ?

心揺れると、そんな当たり前らさえ、消え去っている。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日

スイッチ

あることのスイッチが、カチッと入る。

それが分かるのは、自分だけ。

それも、そのことに気を付けていた、自分だけ。

そのスイッチが入ったかどうかは、すぐ分かる。

なぜなら、今まで動いていなかったものが、動き出すから。

まずは、心が、大きく動く。

おそらく、自分でも、びっくりする程に。

これまでの苦労は、何だったのか?

そう思わせるくらい、スムーズに流れて行く。

ただただ、スイッチが、入っただけで。

でも、どこにでもあるわけじゃない。

探して見つかるものでもない。

まるで童話の青い鳥。

それでも、分かる時には、分かるもの。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日

やりがちな中に

仕事の途中で、別の仕事を、言いつけられる。

別段、珍しいことではない。

休む間もなく、仕事をするだけのこと。

ただし、言いつけられた段階で、自分の中に、落とし込む必要が。

そうでないと、忘れてしまうのだ。

言いつけられた段階では、まだ、相手の持つ仕事。

「はい」と返事し、段取り付けて、初めて、自分のものに。

本来なら、自然な流れで、こう出来るのがベスト。

しかし、ついつい、生返事になってしまう。

自分の中に落とし込んでいないから、忘れてしまう。

相手の指摘に、ハッ!とする。

やりがちな事にこそ、ヒントが隠れる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日

素直な目

自分のことを、意外に、理解していない。

そのことを、気付かされる場合がある。

「ある人が、あなたのことを、こんな風に言ってたよ」

そんな他人のうわさ話から。

それは誤解だと、憤るかも知れぬ。

もしくは、そうでもないと、ニンマリするか?

どちらにしろ、それは、他人から見た、自分の姿。

決して、真の姿を、理解しているはずもないのに‥‥

なのに、ハッとすることだって、あるわけで。

つまり、自分こそが、理解していなかったということ。

自分のことなのに、自分の姿が、見えていなかった。

その反省を、どう活かす?

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日

見つめ直し

弱い者いじめはするなと、習った。

しかし、世の中見渡せば、弱い者いじめのオンパレード。

まさに、弱肉強食、そのものとも言える。

では、弱い者いじめをしている人は、罪の意識が無いのだろうか?

その状況に、よりけりかも。

例えば、組織自体が、それを是としている。

その中にいれば、自分もそうだし、周りもそう。

赤信号を、全員で渡っているのだ。

罪の意識など、持ち合わせようも無かろう。

笑いながら、罪深いことをする。

考えるまでもなく、恐ろしいことだ。

同様なことを、やっていないか?

自分をしっかり、観察し直す。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月16日

引き出し

出会った中に、こう思わせる人がいた。

何と、引き出しの多い人だろう。

大抵、自分の浅学を、補ってもらった場合だった。

それも、容易に、迅速に。

その反応の良さに、感嘆したものだ。

にもかかわらず、自分のそれを、増やそうとはしなかった。

自分もそうなれば、良さ気だったにも関わらず。

引き出しの多い人を知ることで、半分、自分の物にした感覚だったのか?

確かに、自分の引き出し、多いに越したことは無いかも知れぬ。

ただ、自分のやることとは、ずれてる感覚も。

この辺は、微妙で、不思議なところ。

まあ、なるようにしかならぬと、言ったところか。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月15日

境目

街なかを運転していると、あることに気づく。

それは、対向車の窓。

それが、開いてるか、閉まってるか、に。

早い話、エアコンをつけてるか、どうかだ。

それを見るだけで、季節の変化を感じる。

ある人には夏でも、別の人には秋。

その感覚の違いが、行動の違いに。

その感覚の差が、人の違いでもあるのだろう。

いきなり、「今日から秋」と言われても、困るのだ。

秋だと感じた瞬間からが、秋。

誰に決められるものでもない。

自分で決め、自分で行動する。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月14日

空見上げ

天気予報が雨だったので、予定を明日に順延。

何らおかしいことではない。

おかしいのは、その後の行為。

空を見上げ、雨が降るのか、気にしてる。

予定は順延したのだから、今日の天気は、関係ない。

なのに、その天気が、気になって来る。

おまけに、早く降れば良いのに、などと思ったり。

ましてや、振りそうで、降らずに終わったら?

下手したら、怒りまくるかも知れぬ。

順延を決めたのは、誰だった?

それを忘れ、天気を恨む?

一体、何をしていることやら。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月13日

否定するにも

他人が、どう反応するか?

こちら側では、判断できぬ。

「美味しいよ」と勧めた品を、気に入るかどうかは、分からないのだ。

それは、自分がされても、同様だろう。

もし、勧められた品を、気に入らなかったとする。

ここで、二つの道が、現出する。

「ここが、こうだったら、気に入ったのだけど」と、前向きな否定。

もうひとつは「こんなもの、どうしようもない」と、後ろ向きな否定。

相手にとっては、どちらも否定。

それでも、印象は、大きく異なるだろう。

どちらを選ぶかは、自分の問題。

どちらを選んでも、自分の問題。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月12日

分類上

天高くという言葉が、自然に口に出るような季節となって来た。

見上げると、秋らしい雲が、流れて行く。

秋になれば、いつも見ているような雲の形。

しかし、同じものは、決してない。

似たような形ではあっても、絶対に同じではない。

同じでなければ、別物ということだ。

なのに、総じて、秋の雲と呼んでいる。

分類上は、おかしくない。

その自然科学の分類を、人生上にも当てはめるから、失敗するのだろう。

今日と同じ明日はない。

なのに、危機感など、持ち合わせていない。

夜が明ければ、同じ、明日が、始まるさ、と。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日

アラ探し

同じ過ちを、繰り返す。

他の人にやられると、「またか」と思う。

それと同時に、腹立たしくも。

なぜ、気を付けないの?

こう何度も繰り返されると、注意する気力も失せる。

と同時に、距離を置く。

一種の防衛本能。

関われば関わるほど、こちらが疲れるからだ。

なんてことを、自分もしていないだろうか?

他人のアラは見えても、自分のものは、見落としがち。

だからこそ、注意が必要となる。

今一度、足元を見る。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月10日

そのうち

そのうちやろうと思っていることがある。

いつ頃からやろうと?

忘れたが、はっきりしているのは、未だやっていないということ。

「そのうち」との思いが「今」に変わるのか?

つい、そんなことを、考えたりもする。

しかし、気がつけば、やっていたりもするわけで。

すると、何らかの、きっかけがあったのだろう。

そのうちやろうを、サッと片付けさせる「何か」が。

その正体さえつかめば、「そのうち現象」も、消せそうな気がする。

ただ、雲をつかむような話でもあるのだ。

とにかく、そのうちだろうと、やろうと思うのは、自分の心。

それに、ケリをつけるのも、また、自分の意志に相違ない。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 9日

誠意

誠意というものは、難しい。

こちらは尽くしたつもりでも、相手次第なのだ。

「誠意が足りない」と言われれば、それで終わり。

違う手段を講じる必要が。

こうなると、考えてしまう。

実は、誠意なるもの自体が、存在しないのでは?

しかし、これは邪悪な思考だろう。

誠意は、確かに、存在する。

しっかり通じる場合だって、数多あるのだし。

この辺りのフラつきが、まだまだ、誠意の本質から、遠い証拠。

もう少し、勉強を重ねる必要が、あるわけで。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 8日

それをするか

これをやったら、ダメになる。

分かりそうなものなのに、それに邁進する人が。

一体、どういう思考回路?

そう疑問を持ったので、観察してみることに。

ひょっとしたら、意味不明なのは、ある一面のみかも。

他は、いたって常識的なのかも知れない。

そう考え、常識的な面を探すも、目に付かず。

こうなると、それが、素の状態ということに。

こういうタイプを、結構、散見するのだ。

こちらの常識など、あちらには非常識。

考えたら、怖い状況とも言える。

そのうち、火の粉も、降りかかろう。

それに対する、準備くらいは、進めておくことに。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 7日

時の流れ

このところ、一雨ごとに、涼しさが増している。

夏の終わりを、告げるかのように。

そういえば、カレンダーも、残り4枚に。

そして、毎回、こう思う。

時の流れは、容赦無いな、と。

やろうとしていることは、まるで進んでいない。

なのに、時だけは、流れ行く。

お前のやろうとしていることなど、関係ないよと、言わんばかりに。

それでも、食らいついていかねばならぬ。

少なくとも、その流れが、見えている間は。

嫌でも、見えなくなる時は来る。

ゆっくりするのは、それからで良い。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 6日

ただ不便

右利きなのに、右手が動かなくなる。

その結果、何が起こるか?

別に、何も起こらない。

いつもと同じことが、繰り返されるだけ。

ただし、その全てに、不便さが付加される。

例えば、食事。

見慣れたメニューが、テーブルの上。

それまで、何も考えず、口に運んだ。

そこに、考えなければ、運べないという現実が。

おまけに、考えただけでは、スムーズに運べないという現実も。

それらをまとめて、不便という。

ひと言で表現するには、深く大きい問題なのだが。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 5日

価値観

長年の努力が、報われる。

何とも言えぬ、満足感があるだろう。

ただ、そういう経験するには、前提条件がある。

紛れもなく、継続すること。

結果を得るだけなら、ズルして、サッと掻っ攫えるかも。

でも、それでは、満足感など無いだろう。

解答ページを見ながら、問題集を埋めて、一体、何になる?

分かりきったことなのに、平気で、それをやっていたりする。

見た目が良ければ、OKなのだろう。

それを、短時間で結果を出したと、評価するのなら?

そういう価値観も、あるということ。

ただ、自分とは、異なるというものが。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 4日

理想と現実

1年は365日ある。

それを健やかに過ごしたいと、多くの人が願う。

しかし、365日のうちには、風邪引くこともあれば、お腹を壊すことも。

寝込まずとも、体調不良に陥る日は、どうしてもあるだろう。

それが、現実なのだ。

理想は、365日を、健やかに、だとしても。

その理想と現実の間には、差が生じる。

その差を、簡単に埋められるうちは、問題ない。

しかし、どうしても埋められない現実に、直面することも。

なのに、いつまでも、理想にしがみつこうとする。

左手で理想を握りしめたまま、右手が現実に引っ張られる。

考えずとも、身体が、裂けてしまうだろう。

そこからどうするかは、自分の問題となる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 3日

焦りの種

焦って良いことなど、何もない。

分かりきったことなのに、やはり焦ってしまう。

一体、何が、そうさせるのか?

答えなど、それこそ、分かりきっている。

誰も、焦ってくれなどと、頼んでいるわけでもない。

紛れもなく、自分が勝手に、焦っているのだ。

自分の中に、焦りの種を持つ。

その種をつぶさぬ限り、繰り返すだけ。

焦って、失敗して、またか、と。

ひとえに、実力不足なのだ。

目をつぶっても出来ることなら、焦ることなど、まず無いだろうし。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 2日

見た目ほど

10年ぶりに、誰かと再会したとする。

その見た目は、どうだろう?

大きく変わっている場合が、かなりあるのでは?

それでも、数分後には、昔と変わらぬ会話を。

なぜ、そういうことができるのか?

人の中身が、その見た目ほど、変わっていないからに違いない。

そんな仮説を、立ててみた。

となれば、すべてが、腑に落ちる。

本質が同じだから、以前の対応でも、事が運ぶ。

それって、相手から見た自分も、同じ?

ここで、ひとつの結論を得る。

まるで、進歩していない自分がいる、ということを。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 1日

夢の変化

寝てる間に、夢を見る。

しかし、起床後に覚えてるものなど、極わずか。

それでも、最近、あることに気付いた。

夢の中の自分の姿が、変化して来たのだ。

以前なら、夢の中では、立って歩いていた。

長年の習慣というか、当たり前の姿のままで。

それが、このところ、夢の中でも、車イスのまま。

心身ともに、車イスの状態が、刷り込まれたのだろう。

こうなるまでに、17年。

長かったのか、短かったのか。

とにかく、また1枚、扉が開いた。

さて、その先に、一体何が広がっているのだろう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »