« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月31日

受容

中途障害を負っても、笑って暮らせるか?

そういうことを、テーマにしていた頃もある。

結論から言えば、可能だ。

可能だが、簡単に出来るか?と問われれば、即答できない。

そこに至るまでは、まさに、人それぞれとなるであろうから。

例えば、表面的に、笑顔で過ごす。

それを見た周りも、「乗り越えたのだな」と。

しかし、実際は、そうでない。

心の奥底には、「なぜ自分が」なる思いが、沈んでいるのだ。

それを、引っ張りあげ、上手く処理する必要が。

それがどの程度の大きさで、どれくらいの深さにあるか。

まさに、人それぞれなのである。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月30日

暑いなら

今年の夏は、これまでになく、暑く感じる。

実際に暑いのか?それとも、体調のせいか?

ひょっとしたら、例年並みかもしれぬが、そこは感覚の問題。

錯覚だろうと、暑いものは暑い、に。

だから、対策を取っていく。

朝の涼しいうちに、出来ることは、やってしまうのだ。

そうなると、時間配分の再構築が、必要に。

「今までどおり」に固執してたら、暑さにやられる。

ゆでガエルではないが、すでに水温は、上がっているのだ。

こうやって、物理的に変えていくと、自然と、心の中も変化する。

その向きさえ、誤らなければ、問題ない。

小さな変化も、楽しいものだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月29日

現実直視

自分が歩けなくなったら…

そんなことは、考えたくもないと、言った人がいた。

その人にとっては、忌み事だったのだろう。

だから、そう口に出されても、さもありなん、と。

逆に、綺麗ごとを言われなかった分、ありがたかった。

自分が車イスだから、忘れがちな事実を、改めて、認識できたのだ。

障害を負うことは、決して、好まれないのだ、と。

それを、忌み嫌う人だって、確かにいるのだ、と。

しかし、表立って、言う人など、皆無に近い。

だから、面従腹背みたいなことにも、遭遇したりする。

それが、現実なのだ。

それを踏まえた上で、どう生きるかだ。

そこまで開き直ると、それなりに刺激的な生き方さえ、見えてくるもの。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月28日

相手にとって

道徳の時間に、「人の嫌がることはするな」と習った。

では、その嫌がることとは?

一つの基準は、自分にとっての嫌なこととなる。

自分がされて嫌なことは、相手にしなければ良いわけだ。

それとは逆に、相手にしてあげることは、何になる?

この基準も、やはり自分。

自分の欲することを、相手にも与える。

大方は、これで収まるだろう。

では、一歩踏み込み、自分の欲することとは?

それを、相手に与える前提で、考えてみる。

パッとは、思い付かないものだ。

だからといって、そのままで、良いわけもなく‥‥

ただの欲ではない、きちんとした目標を、改めて認識し直す。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月27日

災い転じて

子供の頃、オセロゲームをした。

ほぼ負け状態でも、四隅に打つことで、一気に逆転。

それまでの相手色が、あっという間に、自分色へ。

なかなか爽快だった記憶が残る。

ちなみに、この一気逆転へは、ある過程が不可欠。

四隅を狙うことはもちろんだが、それ以前に、大切なこと。

それは、自分の方が、劣勢であることだ。

目先のコマの色ばかりに気を取られていたら、まず勝てない。

途中で、増えた減ったと、一喜一憂しても仕方ないのだ。

最悪の状況を、最善のそれに転じる。

そこに、ひとつの知恵を見る。

最悪を、ちょっとはマシに、変えるのではない。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月26日

時は過ぎ

7月になった頃、今年も半分過ぎたな、と。

その7月も、気がつけば、終わろうとしている。

この調子じゃ、あっという間に、年末を迎えていそうだ。

ということは、自分の人生も、あっという間に‥‥

では、何をすべきか?

人生の半分以上を、生きてきた。

さすがに、即答できる。

そうでないと、終焉を迎えるにあたり、こう思うだろう。

一体、人生において、何をやってきたのだろう?と。

さすがに、それでは、まずかろう。

小さくとも、自分なりの「人生の意味」を見つける。

自分なりに、精一杯、生きてきたことの証として。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月25日

痛々しくとも

熱中症で倒れた家族を、見舞った人のブログに、痛々しい注射痕とあった。

点滴の名残だから、仕方ないのだろうが、と。

その記事から、ふと入院当時の光景が、蘇った。

倒れた当初は、24時間点滴。

当然、針は、刺しっぱなし。

通常なら、注射痕は、1箇所のはずなのに、実際は、両腕に、複数箇所。

というのも、点滴が続き過ぎて、血管痛を発症したからだ。

その都度、違う血管に、刺し直す。

結果、痛々しい注射痕の誕生となったわけで。

しかし、痛々しかろうと、必要だった。

見た目が嫌だと、拒絶してたら、もっとひどいことに。

そういう事例、注射痕ばかりではないだろう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月24日

調整

痩せたければ、食べ過ぎなければ良い。

お金を貯めたければ、無駄遣いをやめれば良い。

出ると入りを、コントロールするだけ。

簡単なことである。

などとアドバイスしようものなら、十中八九、嫌な顔をされるだろう。

なぜなら、そんな原理原則を聞きたいわけじゃない。

もっと楽をして、痩せる、貯める方法を、尋ねられているからだ。

そこへもって、そんな楽な道はない。

それ自体が、欲そのものである。

などと付言しようものなら、そっぽを向かれて終わり。

それならそれでも、良いだろう。

人間関係も、コントロールが必要なのだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月23日

難解

これまで、いろいろな人と、関わってきた。

その中には、残念な人も、含まれる。

その中でも、「自分さえ」というタイプとは、そりが合わない。

価値観が違いすぎるため、関わった後の修正作業が、大変となる。

だから、段々、関係が薄くに。

それでも、切れない関係はある。

そうなると、これは、人間関係を題材とした、修行のようなもの。

その人の発した言動から、その奥の意味を読み解くわけだ。

ただ、簡単に出来るものでもない。

いきなり微分積分なんて、解けないのと一緒。

こちらも、それ相応の、努力が必要になる。

その先には、必ず答えがあるはずだから。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月22日

他人事

入院中のリハビリ室で、よく、こんな話を、耳にした。

「一体、誰のための、リハビリだと思ってるの?」

それに対する答など、分かり過ぎるくらい分かっている。

なのに、それを聞いたことがない。

なぜだったのだろう?

そういう現場は、大抵、トラブっている。

患者が言うこと聞かないのか、それとも、指導が下手なのか。

いろいろな理由が絡みあい、こんがらがって、ああいう問答に。

心の底から治したいという患者は、寡黙だった。

言われるとおり、黙々と、リハビリしていた。

そこから導き出される、ひとつのことがある。

自分のことなのに、どこか他人事。

それだと、上手くいくことも、上手くいかない。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日

自己紹介

学校や職場など、いろいろな場所で、やったことがある。

自己紹介。

しかし、満足いくものなど、皆無に近い。

今思えば、理由は簡単。

自己を知らなかっただけ。

知らないものを紹介するなど、まるで罰ゲームだろう。

では、なぜ、知らなかった?知ろうとしなかった?

そういうことを、する必要が、無かったからだ。

別に、自己を知らなくても、困ることなど無かった。

流されるまま生きていても、どうにかなった。

何という、勿体なさか。

やり直し出来ないことの、怖ろしさでもある。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月20日

我慢ではなく

早朝とはいえ、外に出れば、それなりの日差し。

そういう中、汗をかきながら、草取りしている。

これを、誰かに強制されたら、我慢となろう。

しかし、自分の意志で、且つ、作業療法を兼ねている。

すると、その我慢が、忍耐へと変わっていく。

そもそも、我慢は、いつか、破綻する。

でも、目指すものがある忍耐なら、続けられる。

我慢強さより、忍耐強さを。

そのためには、目指すべきものを、持たねばならぬ。

ということは、考えねばならない。

自分の人生において、目指すべきものとは、何なのかを。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月19日

身動き

どうしても、身動き取れない時がある。

そんな場合、どうすれば?

表面的には、どうすることも出来ない。

身動き取れないのだから、言い訳には、事欠かないだろうし。

しかし、そのままで良いわけじゃない。

そんなことは、百も承知。

それでも、動けない。

動きたいのに、動けない。

時が解決するか?

時が、余計に、悪化させることだって。

これもひとつの、課題となる。

正面から、精一杯、ぶつかってみる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月18日

聞くこと

他人に言われることを、いちいち気にしてたら、身が保たぬ。

だからといって、すべてを無視しても、単なる偏屈者に。

だから、聞くべきは聞き、聞くべからざるは流す。

その選択が、大事となる。

問題は、その選択が、難しいこと。

特に、忠言などは、耳に痛い。

痛いことは、本能的に、避けようとするし。

痛ければ、即、忠言でもないことが、また面倒。

他人の話を聞く。

ただそれだけでも、簡単なことではないわけだ。

そのことを、あまり、考えたことがなかった。

ここにひとつ、また、気づくことがあったわけだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日

願いが叶うとは

七夕飾りに、たくさんの短冊が飾られていた。

それらには、多くの願い事が。

その光景を目にし、ふと思ったことが。

願いが叶うのは、どんな時だろう?

心から願えば、叶うという人がいる。

それとは、逆のことを、宣言する人も。

結局、叶うかどうかなんて、本人にも分からない。

それは、運任せということに、なるのだろうか?

などと、考えてるうちに、腑に落ちたことがひとつ。

叶うことを願った時に、「願いが叶う」になるではないか、と。

では、叶うこととは?

それ相応の、努力の結果という舞台に、散らばっているだろう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月16日

口で言うほど

人の本質は、なかなか変わらない。

変わったようでも、根っこは残っているものだ。

よって、環境が整ってしまえば、芽吹いてしまう。

自分でさえ、すっかり忘れていた、その環境の元では。

この微妙な所が、やっかい極まる。

だから、安易に、大丈夫だとは、思わぬほうが良さそうで。

変わったようで、変わっていない。

そのことを、常に、念頭に置く。

そのことが、根絶やしへの道となる。

とにかく、怖いのは、変われたと、錯覚すること。

所詮それは、まやかしなのだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月15日

総スカン

上手くいかなかったことを、周りのせいにする。

とにかくすべて、周りが悪い。

裏を返せば、自分は正しかった、と。

こういう態度を続けていれば、いつの間にか、総スカン。

あまりにも、分かりきった話だ。

なのに、相も変わらず、周りが悪いと、撒き散らす。

なぜなのだ?

自分が、総スカン食らってることに、気付いてないのだ。

周りの態度が、あからさまで無い分、理解してない。

もう誰も、相手にしていないのだ、心の中では。

それをわざわざ、表に出して、いないだけ。

考えてみたら、恐ろしい。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月14日

ちょっとしたこと

先日、持っている時計が止まった。

原因は、ひとつの歯車が、噛み合っていなかったこと。

ちょっとしたズレが、時計本体を、停止させていたわけだ。

こういうことは、あらゆることで、垣間見る。

ちょっとした油断とか、気の緩みとか。

それ自体は、本当に、ちょっとした、小さなこと。

なのに、重大な結果を生じさせたりする。

これくらい良いだろう。

それに対しては、「絶対にあり得ない」をぶつける。

これくらいやらないと、怪我するはめに。

冗談抜きで、油断は、大敵そのものなのだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月13日

矯正

自分が持ってる悪いクセ。

矯正するには、時間がかかる。

なぜ、そうなってしまうのか?

クセを直さずとも、支障が無いからだ。

よって、ついつい、なめてしまう。

頭の中では、「これじゃイカン」

なのに、気がつけば、やっている。

その辺りを、いつもグルグルしてるだけ。

遠回りだろうと、頂に届くのなら、まだ良かろう。

同じ場所を、回っているだけだから、どうしようもない。

結局、直したいという決心が、出来ていない。

心に決めずば、何ごとも動かない。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月12日

最初のリハビリ

私が最初に行ったリハビリは、ベッドからの起き上がりだった。

ひょっとしたら、他にもあったかも知れぬが、印象的なのは、これ。

なぜ、印象的なのか?

それは、苦労したからだ。

そもそも、寝返りさえ、出来るかどうか。

その状態で、ベッドから起き上がる訓練とか、困難極まるもので。

とにかく全身の筋力が、壊滅状態。

わずかに動く部位を駆使して、ベッドから起き上がる。

当然、最初は、ベッドに付いてる柵をつかんで。

でも、そのやり方では、アウトなのだ。

なぜなら、すべてのベッドに、柵が付いてるわけではないため。

正直、今でも、苦労する。

それでも、出来れば、OKなのだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月11日

その道の

歩けなくなり、18年目に突入したわけだが、ふと思ったことがある。

時間に換算したら、どれくらい?

計算したら、15万時間ほどになる。

ある本に、一つのことに1万時間打ち込めば、1人前になれるとか。

15万時間のうち、1/3は寝てるとして、活動時間が10万時間。

とにかく、起きていれば、車イスの上。

時間で考えれば、車イス生活のプロとも言える。

だからといって、心が高揚するわけでもない。

一般的には、不要なことだろうし。

穿った見方をすれば、無駄なことに時間を費やしているとも。

しかし、私には、必須のことなのだ。

磨ける技術は、磨いていきたい。

まあ、大したことではないのだが。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月10日

意識付け

ここ数日、倦怠感が抜けない。

雨ばかりで、外の作業が出来ぬのが、大きいのだろう。

私にとっては、庭の草取りも、立派な作業療法なのだ。

一般的に、リハビリと聞けば、病院でするものと思われる。

しかし、日常生活の、あらゆることが、リハビリとなる。

要は、意識するかしないか。

ただ何となく動かしていても、効果は薄い。

この動きで、ここを刺激する!

その意識付けが、効果を倍増させる。

それ以前に、終わった後の、満足感が違う。

これも、自分で、気付いたことのひとつ。

教えられずとも、ふと閃くこともある。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日

我が振り

庭先で育ててる草花の上を、平気で踏みつける人がいるとしよう。

瞬間的に、無神経な人だと、判断する。

しかし、その判断が、誤っていることに、最近気付いた。

その人は、無神経などではない。

単に、草花の存在が、頭に入っていないだけ。

知らないことに、神経使えと言われても、困るだけだろう。

それは、自分自身にも、当てはまるわけで。

なのに、一方的に断じるなど、おこがましい限り。

明日は我が身かも知れぬのだ。

ひょっとしたら、同様に思われたことが、あるのかも。

他人の言動に、振り回されているどころではない。

まずは、自分の言動から、だろう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 8日

失敗しても

自分で考え抜いて、行動する。

その結果、失敗だったとしよう。

だからといって、決して無駄には終わらぬ。

なぜなら、自分で考えたことだから、失敗への道筋も見えて来る。

つまりは、なぜ失敗したかが、分かるのだ。

だとすれば、同じ轍は踏まぬだろう。

また一歩、成功へ近づくわけだ。

これ、最初に、考えもなく動いていると、こうは行かない。

なぜ失敗したか分からぬため、同じようなことを、繰り返す。

結局、同じ所を、グルグルと。

考えたつもりではなく、考え抜く。

基本に手抜きは、許されぬ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 7日

外部因子

テーブルの上に、花の種がある。

さっさと、蒔けば良いじゃないか。

単純な疑問が、浮かぶだろう。

しかし、蒔くには、時期というものがある。

すでに、その機を失してしまった。

つまりは、来年まで、動けない、と。

いくらやり方が正しくとも、外部因子なるものもある。

それらを無視し、自分の正当性を主張しても、無理があるのだ。

その外部因子が、他人の気持ちなんてものになったら‥‥

見て分かるものでさえない。

だから、難しくも、反面、面白くもある。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 6日

今のまま

手っ取り早く、幸福を感じるには?

現状に満足すれば良い。

実際、「今のままで良い」と、口にする人は多い。

では、それらの人々は、幸福なのか?

口ではそう言っても、やはり不平や不満を持っていよう。

結局、自分に嘘をついてるわけだ。

現状に不満があるにも関わらず、満足しているふりをする。

それでは、幸福とは程遠い。

今のままで良いのなら、今のままで良くならねば。

実は、これが難しいのだ。

おそらく、本来持ってる向上心が、そうさせるのだろう。

不満の原因が、向上心なら、向上すれば良いだけのこと。

不満の種を、根絶できないのなら。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 5日

良かれと

良かれと思ったこと。

やったこともあれば、やられたことも。

それが、どの程度、良かったことか。

中には、余計なお世話になったこともある。

その場合、苦いものが残ってしまう。

では、やった場合と、やられた場合。

その苦さは、どちらが多いのだろう?

己の経験を元に、観察してみる。

すると、数的には、圧倒的に、やられた場合が、多いのだ。

しかし、苦さの濃さという点では、やった方が。

ここに、注意すべき点が、また見える。

無自覚の善意、必ずしも、善ならず。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 4日

次があれば

これまで、いろいろな人に、いろいろな提案をした。

すると、二種類に別れることに、気づく。

提案に対し、肯定から入る人と、否定から入る人の。

肯定から入る人なら、とりあえず、問題はない。

「じゃあ、やろう」のひと言で済むからだ。

これが、否定から入られると、まず立ち止まることに。

その否定さえ、二種類に分かれていた。

もう、頭ごなしに、嫌とかダメが、ひとつ。

もうひとつは、それじゃダメだが、こういうのは?と、代案を出される場合。

こちらのパターンは、いろいろ勉強になった。

肯定されるだけだと、視界の広がりにも、限界がある。

代案出されれば、否定も、大いなる刺激となる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 3日

外食

他所から来た人に、尋ねられた。

「美味しいラーメン屋を、紹介して」と。

その瞬間、困り果てる。

なぜなら、どこにどんな店があるか、まるで知らないからだ。

元気だった頃行ったことのある、数店はある。

しかし、10年以上前の記憶。

今では、もっと評判の店だって、あるだろう。

なのに、私の中には、その情報が皆無。

食に対する欲の無さが、こういう弊害みたいなことも、生むか。

そう思うも、知らないものは知らない、と。

一日二食の生活に、さもありなんと、納得された。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 2日

何となく

人生を充実させたければ、まず、やることがある。

それは「何となく」を、止めること。

何となく、一日が過ぎた。

何となく、財布が軽くなっている。

何となく、体力が落ちた‥‥

観察すれば、様々な「何となく」に、囲まれている。

それを纏っている以上、何となくの人生にしかならない。

それを止めるには、意識的に、何かをしなければならない。

その意識付けこそが、充実感に。

でも、一度や二度は、こう思う。

何となく、面倒くさそうだ、と。

結局、自分次第ということに。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 1日

秋の七草

先日、車で走っていたら、萩の花が、目についた。

萩といえば、秋の花だと思っていたのだが。

調べてみたら、異常でも何でもなかった。

花の時期が、7〜10月と、長いだけのようだ。

これも、先入観のなせるワザ。

秋の七草だから、夏に咲くはずがない、という。

しかし、実際のところ、そうではなかった。

ならば、それは事実として、しっかり受け止める。

すると、そこを足場に、また、世界が広がるわけで。

秋の七草なのにと固執しても、何ら良いことはない。

真実は、真実というだけで、光り輝く。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »