« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月30日

集中

一つのことに、集中することがある。

基本的に、人は、一つのことしか出来ない。

だから、それに集中することの、何が悪い?

意外に、陥りやすい罠なのだ。

確かに、その瞬間に出来るのは、一つだけ。

しかし、そればかりではないわけで‥‥

同時並行で、いくつもの事象を抱えているはず。

食事している時だって、呼吸もしているように。

だから、その瞬間は、一つのことをやる。

しかし、次の瞬間には、違うもう一つのことを。

あることで、忙しいかもしれぬ。

ただ、その影に隠れている、必須事項を、忘れぬように。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月29日

雨ひとつ

何時頃からか、ゲリラ豪雨という言葉を、耳にするように。

改めて考えれば、何度も、体験している。

幸い、すべてが、室内にいた。

これが、外に出ている時だったら?

考えるまでもなく、濡れ鼠だろう。

たかが雨一つで、平穏な日常が、壊されるわけだ。

雨が降ろうと降るまいと、同じように歩いて行く。

聞こえは良いが、愚の骨頂。

雨が降ったら、降ったなりの、対処が必要。

晴れてる時のスタイルに、固執する理由など無い。

周りが変われば、自分も変わる。

簡単そうで、意外に困難。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月28日

いつもどおり

誰にでも、いつもどおりの、明日があるのなら‥‥

心配事の大半は、消え去るだろう。

しかし、この世は、いつもどおりと行かない。

というより、いつもどおりに行かないのが、世の中なのだ。

だから、心配事を、抱えながら、生きていくことになる。

その最たるものが、やはり「死」だろう。

病気が怖いのではない。

その病気で、死ぬことが怖いのだ。

でも、生まれてきた以上、死ぬことは当たり前。

その当たり前のことを、認められない。

いつもどおりとは、死なないことなのだから。

それでは、いつまで経っても、心配事の山の中。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月27日

欲の芽

最初は、多くを望まない。

ほんの少しで、良いから、と。

なのに、ほんの少しを、手にしたら‥‥

あっという間に、もう少し。

いつの間にか、忘れ去る。

初心は、多くを望んでいなかったことを。

まさに、欲の権化である。

自分には無いつもりでも、気がつけば、芽吹いている。

根絶やししたつもりでも、しっかり地中で、生きている。

何が水で、日光なのか?

芽吹かさぬためには、どうするか?

試行錯誤の、日々となる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月26日

ダメな奴

昔見たドラマに、こんなセリフが。

「ダメな奴は、何をやってもダメなんだ」

当時は、妙な違和感だけが、残った。

その違和感の原因は、何だったのだろう?

その「ダメ」に、二種類あることを、思いもしなかったからだ。

ひとつは、そのまま、本当にダメ人間の場合。

でも、もうひとつ、既存の枠から、はみ出てる場合は?

例えば、鳥に向かって、「泳げない奴は、ダメなんだ」みたいな。

鳥の仕事は、泳ぐことではなく、飛ぶことなのだ。

それを、泳ぐことだけが正しい、とかなる枠組みを、勝手に作って、なじる。

どちらが、ダメなんだと、ボヤキも出よう。

自分をしっかり観ないと、言われるままでは、とんでもないかも。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月25日

いけ好かない

いけ好かない人が、いるとする。

その言動、一つ一つが、癇に障るくらいの。

その原因は、すべて自分の中にあるのだ、と。

なぜ、向こうではなく、こちらに責任が?

最初から納得できるのであれば、苦労はしない。

納得できないから、問題となるわけで。

しかし、「いけ好かない人」なる、人種があるわけではない。

立場が変われば、良い人かも知れないわけだ。

つまり、こちらが、いけ好かない反応をしているから、そういう人を生んでいる。

その反応こそが、諸悪の根源に。

そこまで言われると、自分の中を、鑑みる。

そういう反応する、自分こそが、いけ好かないだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月24日

新しい問題

生きてれば、いろいろな問題に、直面する。

中には、まったく新しい問題も。

そういう場合に、どう反応するか?

まず、出来るか、出来ないかを考える。

それから、やるか、やらないかの判断を。

これが普通だと、考えていた。

でも、いきなり、やるか、やらないかに、行くタイプがいる。

というより、やらないと、即決するタイプが。

同じやらない場合でも、その差は大きい。

出来る出来ないは、頭の中で、その問題に、取り組んでいる。

シミュレーションするだけでも、経験値となろう。

それを楽して、「やらない」なのか?

せっかくの問題が、もったいない。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月23日

好き嫌い

食べ物の好き嫌いに関しては、うるさく言われる。

なのに、人間の好き嫌いに関しては?

寡聞にして、聞いたことがない。

どちらが大事かなど、言わずもがななのに。

なぜなのか?

その答は、あっさり見つかった。

世の中、食べ物の好き嫌いがない人は、数多いる。

しかし、人間の好き嫌いがないと、断言できる人は?

結局、端から、あり得ない話に、なっていないか?

それとも、好き嫌いがあるからこそ、人間らしいとか?

この辺になると、想像を超える世界となる。

ただ逆に、想像を超えた世界が、あるのだとも。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月22日

囚われて

何らかの言動を起こす場合、善悪を考える。

これは、言っても良いことか?

こんなことをしたら、まずいかも、とかだ。

しかし、これは、善悪に囚われていることだ、と。

そう指摘された瞬間、目からウロコだった。

確かに、常に頭の中に、ものごとの善し悪しがあるのなら‥‥

思い切り、囚われてしまっていることに、気付かされた。

では、判断しなくても、良いのだろうか?

凡人が、そんなことをすれば、必ず間違う。

だから、いきなり止めることは出来ない。

でも、行く行くは、判断せずとも、常に善き言動となるように。

まだまだ遠い、理想の頂。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日

根本

誠心誠意、尽くしたつもりだったのに‥‥

まったく相手に、伝わらなかった。

そういう場合、突き詰める。

一体、何がいけなかったのか?

その原因を、相手になすりつけるのは、簡単なこと。

「あの人は、分らず屋だから」のひと言で、済んでしまう。

でも、それでいいのか?

自問したが、自答出来ない。

違和感が、生じてしまうからだ。

何かいけないことが起こった場合、こちら側にも、原因はある。

その、こちら側の原因こそが、大事なこと。

大いなる勘違いを、していることも、あり得るわけだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月20日

言ったこと

他人の言葉を、真に受ける。

多くは、何の問題もない。

しかし、全部がそうじゃない。

滅多にないことだが、痛い目にあうことも。

そこまではなくとも、不快な思いすることはある。

その根底には「言ったじゃないか」が。

でも、そういう相手に限って、こう言い返す。

「そんなつもりじゃなかった」

ひどい場合は、「そんなことは、言ってない」

こういうタイプとは、離れるに限る。

結局、自分が、嫌な思いを、するだけだから。

と、簡単にいかないのが、人間関係か。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月19日

貯めると使う

当たり前の話だが、使えば貯金は、減っていく。

苦労して貯めても、無くなる時は、あっという間。

しかし、使うために、貯めたもの。

よって、無くなることに、問題はない。

問題なのは、その無くなり方だろう。

気がつけば、無くなっていた。

かなり動揺するのでは?

これらは、お金に限ったことではない。

知力や体力においても、同様なのだ。

減ったなら、また、貯めれば良いだけ。

しかし、いつまでも、出来ることではない。

最後に使おうと思った時、余力がなかった‥‥

あまりに虚しい未来とならぬか。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日

無駄

愚直なまでに、コツコツ努力する。

しかし、それが、間違ったことだったとしたら?

愚直ではなく、ただの愚。

結果を目の前に、絶句することだろう。

コツコツやることが、間違いだったのではない。

何をやるかが、間違っていたのだ。

真面目にコツコツやっていれば、表面的には、評価されがち。

なぜなら、何をやっているかなど、他人の目には映らないから。

だからこそ、自分の目で、観なければならない。

このやり方で、果たして良いのか?

やったことが無駄だった‥‥

こんなことを、繰り返さぬよう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日

最初の一歩

今のままじゃダメだから。

そう思い、変わろうとする。

自分を変えたい場合の、出発点。

まずは、これがなければ始まらぬ。

変わりたいという意思。

これが強ければ強いほど、変われる可能性は大きくなる。

ただ寝て待つばかりでは、変われないわけで。

とはいえ、なかなか困難な仕事。

なぜなら、変わりたくないという怠惰が、邪魔をする。

抵抗勢力として、立ちはだかる。

結局、自分の中の、戦いということに。

どちらが勝つか、己のみが知る。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月16日

笹舟

あちこちの田んぼで、田植えが始まった。

小学校の通学路、田んぼのあぜ道も、含まれていた。

その道の横を、小さな用水路が、並行する。

田んぼへの水が、勢い良く流れて行く。

自然と、笹舟作って、遊んでいた。

子供の足では追いつけないほど、先へ先へ進む場合がある。

それとは逆に、すぐ、脇の方に引っ掛かる場合も。

同じような形の笹舟にも関わらず。

そもそも、その違いは、一体、どこから?

投げ入れる場所とか、タイミングとか、いろいろからみ合っていたのだろう。

今思えば、まるで、人生の縮図のようだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月15日

サンダル

夏の外出には、サンダルを使う。

ただし、条件が有り、かかとのヒモが必須。

なぜなら、通常タイプだと、麻痺した足から、脱げ落ちるから。

靴店で、Mサイズを試着するも、ぶかぶかだった。

歩けなくなった結果、足のサイズも、縮んでいるのだ。

よって、Sサイズを購入。

しかし、意外な盲点があった。

それは、購入した時間帯。

午後3時過ぎだったため、足にむくみがあったようだ。

そのせいか、翌日、朝のうちに履いたら、ぶかぶかだったのだ。

結局、紳士物サンダルで、私の足にフィットするサイズは無い。

そういえば、これまで長年使ってきた品、子供用だったのを思い出した。

常識外れの身体だということを、忘却していた。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日

新しい本

全く知らない作家の、本を読む。

おもしろいか、そうでもないか。

読了後、評価が分かれる。

おもしろかったら、次も読もう、に。

しかし、なかなか、そういう機会に恵まれぬ。

そもそも、そういう本を、手に取ることがなくなった。

車イスでも入れる本屋、地元から、次々、消えていき‥‥

ネットで買えるじゃないかと、言われるだろう。

しかし、平積みを俯瞰することは、出来ない。

全体から、これは、おもしろそうと、ピンポイントで、手に取れない。

リアルでないと、困るのだ。

まあ、単なる個人的な嗜好ではあるが。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月13日

最善策

目の前に、コップ入りの水。

飲もうとして、手が止まる。

果たしてこれは、飲めるのか?

そう疑問がわいた瞬間、飲むのを止める。

見た目は水でも、実際のところは不明。

なぜなら、自分で注いだわけじゃないから。

ひょっとしたら、何かが溶けているかも知れない。

9割方は、大丈夫だろう。

でも、残り1割が、やはり心配。

たかが、水1杯に、そこまでのリスクは不要だろう。

飲みたければ、さっさと蛇口を、ひねれば良い。

最善策は、意外とシンプル。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月12日

強さ

挫折を味わった人は、強いと言われる。

考えたら、私の体験も、挫折みたいなもの。

では、強くなったのか?

正直、よく分からない。

そもそも、何を以って、強いと言うのか?

そこがはっきりしないのに、答えようもない。

ただ、細かいことに、クヨクヨはしなくなった。

普通の人なら、心配になる身体症状でもだ。

なぜなら、これ以上悪くなったら、寿命というだけ。

その開き直りがあるからだ。

それを強さというなら、強いのだろう。

正直、自覚は皆無に近いが。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月11日

理不尽

いきなり、ダメ出し食らう。

なぜ、ダメなのか?

理由を問うも、ダメなものはダメ。

これで、どう納得しろと?

あまりの理不尽さに、腹立たしくも。

しかし冷静に考えたら、初めてではない。

こちらが納得しようがしまいが、関係ない。

何回、そういう目に、あったことか。

そう考えたら、心も静まる。

この世は、理不尽さに溢れている。

すでに、納得したことだった。

久しぶりに遭遇したので、忘れかけていた。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月10日

外出雑感

車イスになってから、外出するのが、面倒に。

だからといって、外出することが、嫌なわけではない。

となると、必然的に、外出先が、固定してくる。

車イスでも、ストレスのない場所に、と。

ただ、脳に刺激を与えるためには、新規開拓が、必要だろう。

しかし、新しい場所は、高確率で、失敗してきた。

最悪、入り口まで、寄れない場所さえ。

それの繰り返しが、面倒さに、結びついてしまったわけだ。

これが、外出好きで、一日一回は、外に出ないと、気がすまない。

そういうタイプだったら、ストレス感じただろう。

幸い、一日中、家の中にいても、苦にならぬ。

外出することに関しては、程々ということだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日

何が薔薇色

薔薇の写真を撮りながら、ふと思う。

薔薇色って、何色なのだろう?

赤という場合もあれば、ワインのロゼのピンクとも。

これが、「薔薇色の人生」となったら?

何となく、幸福な人生のこと?

でも、その実、欲まみれの裏返しにも、思えてくる。

何となく使ってる薔薇色という言葉でも、突き詰めると、ぼんやりしてくる。

ということは、本質を、掴みきっていないとも、言えそうだ。

そういうもの数多に、囲まれている。

その状態で、日々、暮らしていることに。

何が幸福か分からぬまま、幸福な人生目指して。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 8日

だらしない

だらしない性格は、時として、命取りになる。

そう言われても、ピンとこない。

なぜなら、自分が「だらしない」などとは、思っていないから。

この「だらしない」だが、困ったことに、全方向性を持つ。

つまりは、いつ、どこから芽を出すか、分からないのだ。

毎朝30分前には、出勤してくる新入社員。

そこを見れば、この社員が、だらしないとは思わないだろう。

でも、ヨレヨレのスーツに、雑然とした机の上を見たら?

間違いなく、だらしなさを、指摘されよう。

一つのことが出来てるから、十分なのではない。

一つがだらしなければ、レッテル貼られる。

だらしない人という、とんでもないレッテルを。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 7日

キャンバス

何も描かれていないキャンバスは、真っ白。

そこにどんな色を、どう置くか?

まさに、描き手に委ねられている。

だからといって、勝手気ままに色を置いても、観られたものじゃない。

やはり、最低限の法則のようなものがある。

しかし、素人には、それが分からない。

結局、出来上がるのは、どう見ても、素人が描いた絵。

それに納得できなければ、やり直せば良い。

きちんと指導を受けるのも、有りだろう。

なんてことを、人生のキャンバスで、やってきたか?

代えの利かないキャンバスなのに。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 6日

根治

芝生の雑草を抜いていると、気づくことがある。

それは、地下茎で繋がっている品種が、あることに。

よって、表面の1本のみ抜いても、効果薄。

地下で繋がってる根元を抜かないと、また生えてくる。

ただし、丁寧にやらねば、すぐ切れる。

切れてしまえば、まさしく、地下に潜った状態に。

これらが、時を見計らって、また、顔を出す。

これに似た、何かがあったような‥‥

自分の持つ、様々な悪習慣。

直したと思っても、すぐ戻っていたり。

まさに、根が、奥深く潜っているわけだ。

これこそ、丁寧に、取り除かねば。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 5日

方向性

失敗せぬよう、慎重に事を進める。

なのに結果は、大失敗。

その原因は、どこにある?

言うまでもなく、事の進め方。

いくら慎重に努力を重ねようと、誤ったやり方なら、意味がない。

正しいやり方なら、大雑把でも、それなりの結果を生むだろう。

ついつい、まっすぐ進むことに、注進する。

しかし、方向が違えば、とんでもない場所に。

正しいやり方があってこそ、慎重さが生きる。

まずは、そこからだ。

大さじ一杯が正確でも、塩と砂糖を取り違えたら、台無しとなる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 4日

掴んだ藁

溺れる者は、藁をも掴む。

しかし、掴んだ藁が、腐っていたら?

そう聞けば、こんな答えが返ってくる。

そもそも、溺れなければ良いのだ、と。

それはそうだが、この答えでは、何も解決しない。

なぜなら、実際、溺れてしまっているのだから、その目線が必要に。

私が答えるとしたら、これしかない。

「あきらめろ」

必死で掴んだ藁さえ、腐っていたわけだ。

これ以上、何をどうしろ?と。

ただ、不思議なことは起こるもの。

あきらめた瞬間、浮き輪が流れて来たりする。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 3日

本質とは

ある食品が、健康に良い。

そうTVで流れた瞬間、売り切れ続出。

そういう社会現象があった。

その後、必ずしも、そうでない。

逆に、健康を害する人もいる、とかも。

となると、その食品の本質は、何だったのだろう?

本質だから、何も変わっていないはず。

それを、健康に良いという、一面のみを、本質と見た。

だから、見誤った、ということだろう。

でなければ、健康に良いとか悪いとか、真逆のことが起こるはずもない。

本質は、とにかくひとつ。

それをどう捉えるかは、本人次第。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 2日

流される

背筋を伸ばす。

たったそれだけのことで、シャキッとする。

それを維持できれば、筋の通った生き方が出来るかのように。

というのも、いつの間にか、背中が、丸まっているから。

背筋を伸ばすためには、意識と筋力が必要。

それを維持し続けるのが、意外と難しいのだ。

まさしく、楽な方に、流されている。

それじゃダメだと、意識をそちらに向ける。

その瞬間、シャキッとはなる。

でも、何かをしているうちに、もう丸まって。

無意識に楽をしようとする力。

非常に侮りがたいものだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 1日

18年目

生ワクチンを使い続けるという、行政の不作為によって二次感染。

あれから、丸17年が経過していた。

救急車で病院に搬送されたのが、2000年の5月下旬。

車いす生活も、18年目に突入だ。

そうなると、人生の3分の1が、車イスということになる。

改めて考えれば、長い時間だ。

その長い時間に、何をして来たか?

端的に表現すれば、「車イスにはなったが、幸福を」の追求。

別に車イスでなくとも、多くの人が、幸福を目指していよう。

私の場合、その辺りが、鮮明だっただけのこと。

だから、生き方そのものを、断捨離。

それでも、まだまだ、道半ば。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »