« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月30日

ちょっとした

中途障害を負っても、幸福に生きるには?

それには、いろいろなアプローチがある。

その中から、自分に合ったものを、選ぶだけ。

たったそれだけのことが、困難極まりない。

なぜか?

そのアプローチを、探すことから、始まるためだ。

自動車なら、アクセル踏めば、前進する。

でも、部品から組み立てて、乗れと言われたら?

というより、部品から組み立てなければ乗れないと、思い込んでいたわけで。

誰かがひと言「その車に乗っていいよ」と、言ってくれたら‥‥

まさに、至高のひと言となる。

されど、滅多に、耳にはしない。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月29日

再認識

今回の引っ越しで、私の作業量など、知れたもの。

なのに、疲労困憊。

ということは、その知れた量が、限度だったということに。

やはり、普通の人が、普通に出来ることが、出来ない。

身を以って、再認識させられた。

だからこそ、生き方の、修正箇所も、見えてくる。

無理をしていた所や、手を抜いていた所が。

こういう外からの、リセット負荷は、確かに効く。

知らず知らずに、クセが付いてることが分かる。

それでも、疲労困憊しないと、そこに思いが行かぬのか?

この段階で、まだまだ未熟ということか‥‥

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月28日

待つ

待ち合わせ場所では、二種類のタイプを見出だせる。

それは、待つ人と、待たせる人。

一般的には、待たせる方が、悪しざまに言われる。

でも、約束の3時間前から待たれたら?

そう考えたら、どちらかが、一方的に悪いなんてこともない。

あとは、当事者たる自分が、どう感じるか。

約束の5分前についたのに、相手はすでに待っていた。

申し訳なく思うか、別に遅れたわけじゃないしと思うか。

当然、正解など、存在しないだろう。

ただ、自分が、どうありたいか?というだけ。

その積み重ねが、自分を作る。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月27日

二兎を追い

ひとつの事に、着手する。

一度に出来ることは、ひとつだけ。

だから、それに、専念していれば良いだけのこと。

なのに、つい気になってしまう。

他にある、もうひとつの事が。

すると、目の前の事が、おろそかに。

まさに、集中力の欠如。

これが、なかなか面倒くさい。

一度気になると、どうしても消えてくれない。

だから、つい、そちらに着手。

結局、二兎を追うはめに。

結果どうなるかなど、言わずもがなだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月26日

納得だけで

こういう理由で、こうなった。

それに納得すると、こうなったことが、正しいと思う。

逆に、納得できなければ、誤っているのでは?と。

ならば、結局のところ、こうなったことは、正しい?正しくない?

そんな出来事に出会い、戸惑ってしまう。

なぜ、正誤の判断が、自分の納得になってしまうのか。

絶対的な正しさなら、納得しようがしまいが、関係ないはず。

なのに、納得するしないが、判断基準だ。

何かが、おかしい。

でも、その何かが、分からない。

この疑問に関しても、納得ということが、見え隠れ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月25日

新居にて

ようやく新居への引っ越し完了。

ネット回線も、どうにか再開できた。

車イスになってから暮らしてきた家は、どれも和室。

よって、室内に段差があって、当たり前。

今回は、すべてフローリングの床に。

どの部屋へ向かっても、段差を気にしなくて良いのだ。

これは、意外に、心地良い。

室内の段差なんて、知れたものだった。

それでも、有るのと無いのとでは、大違い。

その新鮮さを、体感している。

ただ、それらの新しさに、身体の方が、慣れてない。

落ち着くまでは、時間もかかろう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月15日

困った

※ネット移設工事延期に伴い、次回更新は25日の予定です。

困ったことに、直面したら?

とりあえず、どうにかしてみる。

問題の大小はあれど、困っていることは、事実。

だから、取り除こうと、やってみる。

それでも、変わらなければ?

自力で無理なのだから、他の力を借りる。

それを遠慮していると、困ったことが、こじれてしまうことも。

そうなると、解決できることも、不可能に。

場合によっては、即断即決が、求められたりもする。

とにかく、何をどうしようと、自分のことだ。

決めるのも、実践するのも、この自分。

他人のせいに、するようなものではない。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月14日

しばらく更新休みに

歩けなくなったからこそ、ネット通販の有り難みが分かる。

自分の力では持ち運びできぬ品でも、玄関先へ。

買い物に関しての、バリアフリーだ。

それも、ネット環境、あればこそ。

そのネット環境から、数日だが、離れることに。

引っ越しの移設工事に伴うことだから、仕方ない。

多少の不便さはあろうが、それはそれで、納得する。

それ以上に、ネット環境から離れた自分が、どうなるか?

その心の動きの方に、興味が湧く。

ひょっとしたら、依存の禁断症状でも?

それこそ、フタを開けねば、分からない。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月13日

キリがない

歩けなくなった頃は、「もう一度歩けるように」が、夢だった。

そして、それは、儚くも、消え去ったが。

しかし、歩くことだけなら、可能なのだ。

両足に装具を付けて、歩行器を使う。

完全フラットな場所なら、この状態で、10m程は歩ける。

ただし、まったくもって、実用的ではない。

このことからも、歩けるだけでは、ダメだと分かる。

そんな器具使わずとも、歩けなければ、歩けると言えない。

なのに、当初は、そんなこと、考えもしなかった。

歩けるというより、立てれば十分だった。

なのに、立ってしまうと、「いや、そうじゃなく」と。

何たるわがまま、どうしたものか。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月12日

二兎は追わず

持ち物を整理しようと、捨てまくる。

すっきりとした部屋を見れば、気持ちも良い。

こんなことなら、もっと早く、断捨離してれば、と。

しかし、好事魔多し、ということもある。

捨てまくった中に、急遽、必要になる品が。

その瞬間、間違いなく、こう思う。

こんなことなら、捨てなければ。

「いつか使うかも」があると、整理は進まぬ。

しかし、いつか使う場面に遭遇すると、悔いが残る。

結局、頻度の問題か。

これまでの自分の来し方を、冷静に観察してみる。

どちらの場面が、多かったかを。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月11日

あちらは良くとも

仮に、私が、旅行を企てたとする。

まず、何をするか?

あらゆるバリアフリー情報の、収集だ。

どこかに行ったが、入れなかった。

これほど、馬鹿げた話はない。

だから、必ず、自分で、しつこく確認する。

というのも、車イス目線でない、バリアフリー情報があるから。

あるホテルが、そうだった。

確かに、館内は、バリアフリー。

しかし、駐車場から、ホテルに入るまでが、段差だらけ。

従業員呼べば、解決はする。

ただし、ストレス付きと、なりがちではある。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月10日

額の裏

額の裏に汗をかけ!

割と好きな、表現だった。

身体が動かなくなり、額に汗かくことが、叶わなくなった。

それに対する、対抗心も含まれていたか?

とにかく、いろいろなことを、考え抜いた。

もうこれで十分というところから、もう一歩という感じで。

それだけやると、後悔が減る。

仮に、上手くいかなくても、納得できる。

それ以上は、どうしようもなかったと、分かるからだ。

さすがに、すべてを、そうでは、疲れ果てる。

よって、今では、思い出でしかない。

それでも、キラリと光った瞬間。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 9日

飲み込まれぬよう

引っ越すこととなり、あらゆる雑事に、追われている。

一つ片付けると、もう別な用件が。

まるで、雑事が雑事を、呼ぶかのごとく。

とにかく、自分で出来ることは、片付けていく。

それでも、出来ないことの方が、圧倒的。

そういう場合、当然、誰かの手を借りる。

申し訳ないと感じつつも、お願いする。

それらが噛み合って、前へ前へと、進んでいくわけだ。

全体を眺めてみると、いろいろなことが、同時に動いている。

何か一つがトラブると、あっという間に、広がってしまう。

気を抜かずに、進行管理。

それこそ、歩けなくても、やれること。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 8日

言葉に詰まる

言葉に出さねば、分からない。

確かに、目で通じ合うなど、奇跡に近い。

だからといって、言葉が万能なわけでもない。

というのも、表現の仕方に、戸惑ったからだ。

それは、香り。

先日、「ラベンダーの香り」と書かれた品の前でのこと。

それを見た人に、「これって、どんな香り?」と聞かれたのだ。

答える術を、持っていなかった。

ラベンダーの香りが分かるのは、実際に、嗅いだことのある人。

その香りを知らぬ人に、それを知らせることなど、叶わない。

そこにあったのは、何となく分かったような、あやふや感。

あやふやだから、しっかりしていなかった。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 7日

目線は下向き

車イスに乗ると、自然と視線は、下向きに。

いつどこで、段差や穴に遭遇するか、分からないから。

これが歩ける人なら?

ここまで視線を、下げないだろう。

というより、「前を見て歩きなさい」と、習った記憶が。

つまり、見えてる景色が違うのだ。

違いがあるのに、無いかのごとく振る舞われる。

「障害も個性」などと、意味不明の言葉を、かけられる。

この状態に、ストレス貯まる。

だから、何かを発する前に、考えるようにする。

自分も誰かに、ストレス与えていないだろうか?と。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 6日

こちらから

人には、欲望というアクセルがある。

それを、理性というブレーキで、制御する。

アクセルとブレーキを、バランス良く使うことで、人生を充実させる。

この「バランス良く」が、難しい。

中には、ブレーキの甘い人もいる。

自分では制御してるつもりだろうが、甘すぎるのだ。

そんな人とは、車間距離を取る。

最近知ったが、ブレーキを、積んでいない人もいるらしい。

ただただ、アクセルを踏むだけなのだ、と。

これは、車間距離で、解決できる問題ではない。

自分を守るには、レーンを外れる。

二度と遭遇しないよう、こちらが避ける。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 5日

時の流れ

最近、時間の経つのを、早く感じる。

一説によれば、脳への刺激が、少ないせいとか。

新しい何かを始めろとも、書かれていた。

それを元に、振り返ってみる。

確かに、新しいことは、何もやっていない。

それどころか、過去の整理みたいなことばかり。

ただバタバタしているだけで、時が過ぎゆく。

我ながら、一体何をやっているのだ、と。

でも、その先にあるものは、しっかり見えている。

そこからは、新しいことばかり。

おそらく、時の流れも、変わるだろう。

それまでの準備期間と、今を定める。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 4日

気にしない

うさぎとかめの童話ではないが、鈍い歩みでも、着実に進んで行く。

ただ、その足を、一歩前へ、進めるだけで。

大言壮語を吐こうが、その場に留まっている者よりも、間違いなく先へ行く。

うさぎがその気になれば、一気に追い抜かれるだろう。

でも、その気になっていなければ、遭遇さえしないかも。

結局、うさぎのことは、自分にとって関係ない。

前へ進むには、自分の足を、動かすだけ。

追いぬかれたら、どうしよう?

そもそも、競争すること自体が、おかしな話で。

そのおかしな話が、心を揺らす、原因となっている。

その結果、もっといびつで、おかしい話に。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 3日

新鮮さ

充実した人生とは、何だろう?

まさに、人それぞれだろう。

しかし、言えることが、ひとつはある。

それは、これが充実した人生なのだ、という基準を持つこと。

それがなければ、自分でも充実してるのかどうか、分からなくなる。

何も、複雑怪奇な基準など、持つ必要もない。

私の場合なら、朝の目覚め。

毎朝、新鮮な気持ちで、目覚めているか?

その答如何によって、日々の充実度が、測れるというもの。

生きてれば、日々、いろいろな出来事が起こる。

それらを、自分の人生に、どう組み込むか?

そして、新鮮な気持ちを、維持できるかなのだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 2日

無駄は無駄

上の階に行こうと、目についた階段を上る。

汗びっしょりになりながら、懸命に上るのに、なかなか辿りつけない。

ゼーハー言いながら、ようやくたどり着いた自分の横を、涼し気な顔をした人が。

ふと省みれば、上りのエスカレーター。

返って自分が使ったのは、下りのエスカレーター。

その時、初めて、上下のエスカレーターの違いを知る。

見た目は、どちらも、同じ階段。

なのに、意味は、まるで逆。

通常、こんなバカな間違いは、しないはず。

なのに、なぜかやっている。

その「なぜ」を解かぬ以上、また繰り返す。

懸命な努力が、実を結ばぬことを。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 1日

原因はそこに

自分の正義を、押し付ける人がいる。

関わらぬようにしても、平気でズカズカ。

自分こそが、錦の御旗状態のため、手に負えぬ。

正しいのは自分で、悪いのはあなた、なのだ。

避けても避けても、寄って来る。

正直、疲れ果ててしまう。

何故、こんな人間に、ストレス感じなければならぬのか?

一体、私が、何をした‥‥

そこまで思い、ふと考え直した。

過去に起こした、自分の行為の報いなのだろうか?と。

その瞬間、心がスーッとなる。

自分がやったことなら、受け止めねばなるまい、と。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »