« アンチでないエージング | トップページ | 善の色 »

2017年2月 1日

悲観しても

中途で障害を負うと、悲観する。

それ自体、普通の反応だと思う。

逆に、悲観しなければ、おかしいのでは?とも。

しかし、それは、真実なのか?

そもそも、何を以って、悲観するのか?

出来ることが、出来なくなったから?

しかし、冷静に考えれば、それまでも、そういう体験はあった。

その時、同様に、悲観したか?

突き詰めて、観察していく。

すると、確たる理由のないことに、気づかざるを得ない。

確かに、そこに行くまでは、それなりの道のり。

でも、たどり着いたら、二度と悲観など、することはない。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« アンチでないエージング | トップページ | 善の色 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45723/64835871

この記事へのトラックバック一覧です: 悲観しても:

« アンチでないエージング | トップページ | 善の色 »