« 悲観しても | トップページ | 動の前の考 »

2017年2月 2日

善の色

何かを愛でる時の心根は?

紛れもない善き心だろう。

そして、誰もが、自分は可愛い。

それを思いついた時、確信できた。

人の本質は、善なのだ、と。

では、何故、極悪人のようなタイプがいるのか?

その善に、色が付いてるせいでは?と。

人は誰もが、不完全。

よって、本来なら、無垢な善に、色を付けてしまっている。

そして、中には、真っ黒な色を付けてる人がいる、ということ。

その真っ黒を、悪と判断してしまっている、ということ。

そんな感じで、自分なりに、整理していく。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 悲観しても | トップページ | 動の前の考 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45723/64840026

この記事へのトラックバック一覧です: 善の色:

« 悲観しても | トップページ | 動の前の考 »