« 気持ちの需給 | トップページ | 昔取っても »

2017年2月21日

頑張れの功罪

激励の意味での「頑張れ」が、毒になることもある。

本人の限界以上に頑張ってる人に「頑張れ」

それで壊れるなという方が、無理だろう。

だから、「頑張らなくても」という激励の仕方も、出て来るわけだ。

それを、どう使い分けるか?

簡単そうで、なかなか難しい。

頑張ってるふりをするタイプを、垣間見るから。

よほどしっかり観察しなければ、それが真実かは、分からない。

そういうのが面倒だと、見た目だけで判断。

すると、楽をしたい人間が、一丁あがり。

問題なのは、そういうタイプ、本人自体が毒となる。

その毒が、真に頑張ってる人へ「まだやれるはず」と、振りかかる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 気持ちの需給 | トップページ | 昔取っても »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45723/64920552

この記事へのトラックバック一覧です: 頑張れの功罪:

« 気持ちの需給 | トップページ | 昔取っても »