« 常識違い | トップページ | 仕切り直し »

2017年2月 8日

一人ぼっちの試練

中途で障害を負ったら、避けられない課題が生じる。

それは、受容。

自分が、これから、不自由な身体で生きることを、受け入れる。

それが出来ないと、自分で、自分を苦しめてしまう。

などと、言葉にするのは、簡単なこと。

また、実際、受容している人の姿を見てるだけなら、容易に成し得たかのように。

しかし、決して、容易でも、平坦でもない。

受容というゴールにたどり着くまでには、人知れず、涙するだろう。

それが、どんなに苦しい道でも、耐え続けねばならない。

それをしないと、一生、泣き続けることになりかねないからだ。

だからといって、受容へのコツみたいなものもない。

まさに、自分一人に与えられた、自分だけの課題だからだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 常識違い | トップページ | 仕切り直し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45723/64865767

この記事へのトラックバック一覧です: 一人ぼっちの試練:

« 常識違い | トップページ | 仕切り直し »