« 変わり者 | トップページ | 心のバリアフリー »

2017年1月18日

実は誰にでも

中途で障害を負うと、身体的に、当たり前のことが、当たり前にできなくなる。

身体はまさに、ご覧のとおり、だ。

しかし、見た目以外に、問題がある。

それは、心が、身体に、引きずられる場合。

心的にも、当たり前のことが、当たり前にできなくなる。

そこに、明確な理由が、無いにも関わらず。

足が麻痺したから、歩けなくなったのだ。

だからといって、鬱々と、部屋の中に引き篭もる理由にはならない。

しかし、人とは、心身一体。

口で言うほど、単純には、出来ていない。

その辺りを、どう調整していくかが、ひとつの試練みたいな感じに。

誰でも、歳を取れば、身体が言うことを効かなくなる。

広い意味で、誰にでも起こる、問題とも言える。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。、

|

« 変わり者 | トップページ | 心のバリアフリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45723/64777385

この記事へのトラックバック一覧です: 実は誰にでも:

« 変わり者 | トップページ | 心のバリアフリー »