« 実は誰にでも | トップページ | 勘違いの元 »

2017年1月19日

心のバリアフリー

大掛かりなインフラ工事をせずとも、バリアフリーは推進できる。

その最たるものは、意識してもらうこと。

すべての健常者に、「障害者も生活している」ということを。

段差があるとか、エレバーターがないから、バリアフリーが進んでいない。

そういう声を、耳にする。

しかし、根本的なところで、意識されていないのだ。

だから、イザという時に、あれ?となる。

気付いた時には、遅すぎたなんてこともあろう。

気付く前に、意識できていれば。

でも、これは、障害者サイドの見方でしかない。

なぜなら、意識せずとも、健常者は、困らないため。

意識する理由が、そこには無いのだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 実は誰にでも | トップページ | 勘違いの元 »

コメント

 釈さん、こんばんわ。
 お久しぶりです。
 世の中、いろんなことを意識していない人ばかりですね、私も含めてですけど・・・
 みんな自分のことに精一杯で、周りの人のことを意識する余裕さえもないのかも知れないですね。
 気づく余裕があっても、気づかないふりをする人もいますし・・・まあ、でも残念ながら、それ以上にどうしようもない人も大勢いますもんね。

 

投稿: 甘えん坊オヤジ | 2017年1月19日 19:51

甘えん坊オヤジさん、こんにちは。
こちらこそ、お久しぶりです。

最近気になるのが、正論だけは、立派に存在してるってことです。それも、現実を、無視して。
いつの間にか、出来ることをコツコツなんてのが、流行らなくなったのでしょうか?

投稿: 釈 | 2017年1月20日 05:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45723/64781297

この記事へのトラックバック一覧です: 心のバリアフリー:

« 実は誰にでも | トップページ | 勘違いの元 »