« 蔵書の処分 | トップページ | ゆっくりと »

2016年10月23日

本音と建前

本音と建前には、大きな乖離が存在する。

だからこそ、真意が、大切に。

その言葉は、果たして、本音か?建前か?

履き違えると、恥をかいたりすることも。

しかし、その程度で済めば、儲けものだろう。

下手すれば、人生の道に、迷ってしまうことだって。

ただただ、本音と建前、履き違えたばかりに。

だから、肝に銘じておく。

よっぽどのことがなければ、本音は聞けないのだ、と。

誰だって、人間関係を、こじらせたくはない。

本音の危うい面は、その危険性を、はらんでいること。

どうりで、表に、出て来ぬわけだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 蔵書の処分 | トップページ | ゆっくりと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45723/64386337

この記事へのトラックバック一覧です: 本音と建前:

« 蔵書の処分 | トップページ | ゆっくりと »