« アンテナ感度 | トップページ | 待つ »

2016年6月26日

リハビリのようで

リハビリが、なぜきついのか?

簡単なことで、身体に、負荷をかけるから。

負荷がかからなければ、リハビリにならない。

つまりは、楽なリハビリなど、存在しない。

もし、リハビリが、楽しく感じられるとしたら、なぜか?

最たるは、回復の見込みだろう。

この辛さの向こうには、回復した身体があるのだ、と。

そうなると、私のように、回復の見込みのないリハビリは?

すでに、リハビリの概念は、薄れてしまっている。

どちらかといえば、習慣みたいなものだ。

それでも、顕微鏡並みに観察すれば、変化の兆しはある。

例え回復ではなくとも、日常生活での、良いスパイスに。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« アンテナ感度 | トップページ | 待つ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45723/63830855

この記事へのトラックバック一覧です: リハビリのようで:

« アンテナ感度 | トップページ | 待つ »