« 言動の積み重ね | トップページ | 過ぎたるを実感 »

2016年4月14日

リハビリも観察から

リハビリするには、身体の状態を、把握しておかねばならない。

そうでないと、無駄な頑張りとなるからだ。

私の筋肉は、大半が麻痺している。

傍目には、ただ動かないというだけ。

でも、同じ麻痺でも、いろいろな状態なのだ。

扇風機を、例えに使ってみる。

動いていない扇風機でも、その原因は、様々だろう。

リハビリとは、これを動かせるようにすることだ。

コンセントが抜けているのか、スイッチが入っていないのか。

それとも、タイマーが、offになっているのだろうか。

私の場合は、プラグの根元が、断線している状態。

だから、この扇風機は、動かない。

それでも、十分な風が、欲しければ?

横にある扇風機を、倍以上に動かすしかない。

つまりは、動く筋肉を鍛えることで、動かぬ筋肉をカバーする。

ただし、モーターを焼き切らないように、注意しながらと、なるわけだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 言動の積み重ね | トップページ | 過ぎたるを実感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45723/63483910

この記事へのトラックバック一覧です: リハビリも観察から:

« 言動の積み重ね | トップページ | 過ぎたるを実感 »