« 自分の時間 | トップページ | 自戒の材料 »

2016年3月18日

毛嫌いせずに

美味しかったからと、おみやげ貰う。

ありがとうと、感謝を述べる。

どこにでもある、日常生活のひとコマ。

ひとコマだから、通常は、そこで切れる。

なのに、こういう場面に、遭遇した。

しばらく経って、尋ねられたのだ。

「あの味、気に入った?」と。

正直、好みの味ではなかった。

でも、それをそのまま伝えても、相手の気分を害するだけ。

よって、オブラートに包んで、表現した。

それが、どう伝わったのか、再び、おみやげ貰った。

ということは、その人にとって、この味は、何か持ってるわけだ。

改めて、じっくり、味わってみる。

そうやって、ようやく、見えてくるものがある。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 自分の時間 | トップページ | 自戒の材料 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45723/63360770

この記事へのトラックバック一覧です: 毛嫌いせずに:

« 自分の時間 | トップページ | 自戒の材料 »