« 勝利の影に | トップページ | 工夫次第のバリアフリー »

2016年2月17日

たった一文字が

助詞の「は」と「が」が、気になった。

「私は正しい」と「私が正しい」

似たような意味でも、ニュアンスが異なる。

「が」の方が、押しが強い。

では、「が」を使わぬように、すべきなのか?

「あなたは好き」と「あなたが好き」

言われてうれしいのは?

言わずもがなだろう。

結局、その場その時で、役割が異なる。

たった一文字の力。

それが、大きく物を言う場合があるわけで。

だから、考え抜いて、口に出す。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 勝利の影に | トップページ | 工夫次第のバリアフリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45723/63224497

この記事へのトラックバック一覧です: たった一文字が:

« 勝利の影に | トップページ | 工夫次第のバリアフリー »