« 自分にとってのベストこそ | トップページ | おぼれた時につかむもの »

2010年5月 1日

過ごすだけでは意味がない

2010年も、今日から5月。

私がポリオの二次感染で車イスの身体になったのが、2000年の5月。

あの“まさか”から、丸10年が経過することに。

先日、ラジオで昭和の日特集をやっていました。

その中に、昭和生まれなのに、平成で過ごした時間の方が、長くなったという話があったのです。

私の場合なら、車イス生活と健康体だった生活かな?と。

まだ健康体だった頃の時間の方が、3倍以上長いです。

しかし、日々、その差は縮まっていきます。

逆算すれば、健康体だった時間と、車イスになってからの時間が、重なる日がやってきます。

それを過ぎれば、車イス生活の方が長くなったということに・・・

しかし、それは30年弱先の話。

仮に、その日を迎えることができたとしても、何の意味もありません。

どうせこだわるのなら、中身にこだわりたいのです。

車イスになってからの方が、充実した日々だった、と。

そのためには、何をすべきか?

もう一度、氣を引き締めてかかりたいと、思うわけです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 自分にとってのベストこそ | トップページ | おぼれた時につかむもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 過ごすだけでは意味がない:

« 自分にとってのベストこそ | トップページ | おぼれた時につかむもの »