« 指先のケガから見えるもの | トップページ | 弱い自分と会話する »

2006年8月 1日

あってはならないことなのに

夏休みも真っ盛りというのに、痛ましい事故のニュースが。

埼玉県の市営プールで、女の子が吸水口に吸い込まれてしまうなんて・・・

警察の捜査で、真相は分かってくるでしょう。

ただ、吸水口のカバーが外れていたことを、管理者、客が知っていた、とのこと。

マイク放送で、近寄らないように注意していたそうですが・・・

なぜ、プールから、客を上げなかったのでしょうか?

なぜ、監視員を、吸水口の前に立たせなかったのでしょうか?

なぜ、周りの大人が氣づかなかったのでしょうか?

その時、親は、何処にいたのでしょうか?

いろいろ思いつくままに書いてみると、あることに氣づかされます。

結局、大人の責任だったのでは?

子どもを守ることが、大人の大事な仕事のハズ。

いつの間にか、その大切なことを忘れてしまったのではないでしょうか?

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。
**************釈円融のe-book書店”EnYou堂”にて「体験記」「こころの癒詩」販売中!

|

« 指先のケガから見えるもの | トップページ | 弱い自分と会話する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あってはならないことなのに:

« 指先のケガから見えるもの | トップページ | 弱い自分と会話する »