« バリアフリーと口では言うが | トップページ | “三ム主義”で生きる »

2006年3月26日

当事者だけれど分かりづらい

いよいよ4月から、障害者自立支援法が施行されます。

一体、何がどう変わるのか?

厚生労働省のHPとかを見て、勉強してみました。

ひと言で言うと、非常に分かりづらい・・・

結構、大きな改正のようですから、もっと分かりやすくして欲しいものです。

この法改正に関しては、あちこちで反対の声が上がってる模様。

確かに、経済的に負担増を強いられる人々が、多数出そうです。

障害者が自立するのに何が必要なのでしょう?

この法律が、果たして、その役を果たせるのでしょうか?

この法律制定に、どれくらい現場の声が反映されているのでしょうか?

反映されてないから、反対の声が上がってるのでは?

もう少し、突っ込んで勉強する必要がありそうです。

結局、何のためにやるのか?

法律だけの話ではなく、生活全般にも言えることです。

一体自分は、なぜこういう行動を取っているのか?

常日頃から、考えるクセを付けておきたいものです。

**************
釈円融のe-book書店”EnYou堂”にて「体験記」「こころの癒詩」販売中!

|

« バリアフリーと口では言うが | トップページ | “三ム主義”で生きる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 当事者だけれど分かりづらい:

« バリアフリーと口では言うが | トップページ | “三ム主義”で生きる »