« 真剣に取り組みもしないのに、道が開けるわけがない | トップページ | 今さら誕生日でもないですが »

2005年8月 9日

国会なんて、結局は利己主義の固まりでした

とうとう解散してしまいました。

これからの日本はどうあるべきなのか?

国会は、小さな政府路線に「No」を突きつけたわけです。

小さな政府ってことは、自分で出来ることは自分でしなさい、ということでしょ。

何の不都合があるのでしょうか?

そもそも財政状況は、ほぼ破綻。

支出の1/3は、公務員の人件費なのです。

そこにメス入れないと、歳出削減なんて出来ません。

今の借金を、孫の代におっかぶせるのかどうか、これが問われているのです。

このままだと民主党が、結構伸びるのかもしれません。

まあ、自民党もひどいけど、民主党だって似たようなもの。

どちらもエゴ丸出しです。

もっと大人物が、出てこないものでしょうか?

**************
釈円融のe-book書店”EnYou堂”にて「体験記」「こころの癒詩」販売中!

|

« 真剣に取り組みもしないのに、道が開けるわけがない | トップページ | 今さら誕生日でもないですが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国会なんて、結局は利己主義の固まりでした:

« 真剣に取り組みもしないのに、道が開けるわけがない | トップページ | 今さら誕生日でもないですが »