« 台風とクールビズ | トップページ | 夢で医者に追いかけられ、今を生きる »

2005年7月26日

結局は増税への布石なのか?

道路公団の実質ナンバー1が逮捕。

おそらく公団職員が、一番ぶったまげてることでしょう。

総裁があと2ヶ月で、ウミを出し切ると宣言していますから、まだまだ逮捕者が出るでしょうね。

また、天下りで、悠々自適の生活してるOBとかも、生きた心地がしていないでしょう。

こんな官製談合が出来るのも、郵便貯金なんてものがあるからなんですよね。

郵貯から、ジャブジャブ金借りて、談合して、甘い汁を吸ってたわけです。

郵政民営化して、元を絶ってしまえば、道路公団に金貸す金融機関なんてありますか?

もっと企業努力しないと、どの銀行も貸してくれません。

そうすれば、無駄な税金等を使われなくて済むはずなんです。

これで、公務員への逆風は、ますます強くなりそうです。

増税の見返りに、公務員の縮小を、政府が公言しています。

な~んか、国民の声を、無理矢理公務員のリストラに持っていきそうな感じです。

鳥取県なんか実際やっちゃってるし、もっとスキルアップしないといけない時代に突入しました。

公務員が一生安泰であるなんて、昔話となりつつありますね。

**************
釈円融のe-book書店”EnYou堂”にて「体験記」「こころの癒詩」販売中!

|

« 台風とクールビズ | トップページ | 夢で医者に追いかけられ、今を生きる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結局は増税への布石なのか?:

« 台風とクールビズ | トップページ | 夢で医者に追いかけられ、今を生きる »