2019年10月19日

秋は寒さも釣瓶落とし

いつの間にか、肌寒いを通り越し、寒い!に。

なのに、半袖で過ごしているから、体調崩す。

じゃあ、長袖にすれば?

しかし、日中は、まだまだ暑い。

よって、長袖なんか、着用する気にもなれない。

そして、明け方、やっぱり冷えるな、と。

不思議なのが、冬より、冷えを感じてしまう。

やはり、夏の暑さとの差が、あるからだろうか?

冬は、とにかく、ただ寒いだけ。

秋の寒さは、急に来る。

だから、それだけ、印象に。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月18日

ゴールを意識して

朝、窓を開けると、どこからともなくキンモクセイの香りが。

鼻で感じる、秋深し、だ。

正直、この香りを、あと何回、感じ取れるだろう?と思う。

同世代なら、あと20回?いや30回?

まあ、残り回数を、意識するほど、少なくはない。

それだけ、平均余命が、あるということに。

しかし、平均余命の消化レース、私は、先頭集団にいる。

だから、あと10回くらいは、感じ取れるだろうか?に。

まあ、ものは考えようで、まだ10回も、キンモクセイを楽しめる。

どちらにせよ、ただ何となく香りがする、ということは無くなる。

今この瞬間を、生きていく。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月17日

輝く一歩を

手足に麻痺がある身体は、不自由なものだ。

だからといって、すべてが不自由ではない。

不自由な身体になったから、社会生活からは、早々にリタイア。

その結果、自由な生活を、送れることに。

不自由こそが、自由への道だった。

まあ、私の場合は、稀有なケースかも。

しかし、逆境を逆手に取って、順境となすことは、誰にも可能だろう。

俗に言うところの、失敗は成功の元、なわけで。

逆境や失敗を、ただ落ち込んで、過ごしてしまう。

通常はそうだろうが、そこで止まっては、次がない。

ひっくり返すには、踏み出す一歩が、必要に。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月16日

一度出来るように慣れば

公園の片隅で、小さな子が、自転車の練習をしていた。

父親が、後ろを支え、一緒に走る。

それでも、途中で、こけるわけで。

5分ほど眺めていたが、何度も、何度も、やり直していた。

そこを離れ、30分ほど散策し、また同じ場所へ。

ちょっとの間に、漕ぎ方が、上手くなっていた。

そして、父親が、支えていた手を、離したのだ。

目の前で、自転車に乗れるようになった瞬間が、発生。

名も知れぬ親子の、溢れるような笑顔が、そこに。

つられて、こちらも、つい笑みが。

何より、その子は、これから、ずっと乗ることが出来る。

乗れなかった時期など、無かったかのように。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月15日

「すごい」を身に付けたいが

多くの人が、いろいろな悩みを抱えている。

それを数え上げたら、星の数ほどになるだろう。

まるで、悩みの海を漂うがごとく、だろうか。

それでも、明るい人がいる。

悩みが無いはずないのに、それを思わせない。

すごいことだと思う。

できれば、自分も、そうありたいと思う。

しかし、すごいことは、簡単には出来ない。

やはり、トレーニングが必要に。

でも、そんな教本は、どこにもないのだ。

だから、結局、すごいと思うだけで、終わってしまう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月14日

その渦に巻き込まれぬよう

こぼれ種を放置していたら、いつの間にか、花咲していたアサガオ。

それを、相変わらず放置していたら、いつの間にか、枯れていた。

でも、しっかり、種を残して。

おまけに、すでに、何個かは、こぼれてしまっている。

おそらく、来年も、ここで芽吹くのだろう。

こんな小さな草花だって、自分の成すべきことを、知っている。

なぜ、人が、こうでないのだろうか?

ただ、大多数の人々は、成すべきことを行っているはず。

一部の阿呆が悪目立ちするため、「皆、そうなの?」に。

であるなら、この阿呆共の罪は、大きすぎる。

間違っても、自分が、その波に、飲まれないようにしなければ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月13日

糧にする前の準備

真面目に生きていれば、良いことがある。

とは限らないのが、現実社会だ。

何も悪いことしていないのに、巻き込まれてしまう。

自分はそうでなくとも、そんな経験者を、一人や二人は知っているのでは?

この現実の恐ろしさ、いつ、我が身に降りかかるか、分からないこと。

予防接種していても、罹患する時は罹患する。

ある意味、手の施しようがない。

だからといって、泣き寝入りを勧めるわけじゃない。

我が身に起こったことは、そのまま、糧とすべき。

ただ、それだけのこと。

そのためにも、心をしっかり、磨き込む。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月12日

子供時代に体験すること

この時期、週末になると、花火が上がる。

間違いなく、どこかで運動会。

最近は、春に行う学校も増えたが、個人的には秋。

そして、青いミカンなのだ。

そういえば、体育の日が、10月10日でなくなったのは、いつ?

今でも、体育の日は、私の中では、10日のまま。

結局、子供の頃の原体験は、いつまでも残る。

であるなら、なるだけ良い体験をさせてあげる。

それが、大人の仕事だろう。

なのに、とんでもない大人の、多いこと。

何でも自由が許されると、勘違い。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月11日

寺子屋に帰る道も

なぜ、学校内での犯罪行為は、いじめで済まされるのだろう?

最悪、幼い命が、散ることになっても。

今回、神戸の小学校で、教員間の犯罪行為があった。

未だ加害者側の情報は、隠蔽されたまま。

これも、いじめの問題と、誤魔化されている。

それにしても、なぜ、こういうクズが、教員になれたのか?

問題は、そちらの方が、大きい。

そういう採用システムなら、表に出てこないクズが、多くの学校に入り込んでいるわけだ。

ということは、いじめで済まされる犯罪行為が、蔓延しているということに。

ひょっとしたら、江戸時代の寺子屋って、ある意味、理想形?

学びたい、学ばせたい人のみが集う、学びの場だったから。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月10日

食欲以外の秋を探して

秋と言えば、食欲の秋だったり、スポーツの秋だったり。

一般的に言われてる秋を満喫するのも、心地良い。

でも、自分なりの秋を設けると、満足感が違う。

いわば、短期の目標となるわけだ。

1ヶ月くらい集中して、邁進する。

気候が良いから、その分、捗る。

その結果、目標達成、そして大満足と。

では、どういう秋を設定するか?

意外と、パッと出てこないかも。

だとすれば、ゆとりを無くしている可能性が。

そういう面を、見つめ直せるのも、秋の効用か。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

«分相応な背伸び