2019年7月19日

読むべき時に読む

20代にやっておくべきこと、という本を目にした。

こういう本を、50歳の人間が、読むか?

おそらく、手に取ることもしない。

仮に読んだとしたら、過ぎ去った時に、虚しさが増すだけだろう。

よって、読むべきなのは、20代なのだ。

じゃあ、すべての20代が、手に取るだろうか?

10人中1人も、手にしない。

もし、手にしてたら、ベストセラーになっているから。

つまり、伝えたいことがあっても、伝わらない。

そして、10年後?20年後?悔やむ人が、数多出てくる。

それが分かってるから、先人が、いろいろな書籍を、残してくれている。

ならば、自分に合う書籍を、読もうとなるのだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年7月18日

自分なりの基準を持って投票

参議院選挙である。

選挙権が有る以上、投票する。

ただし、選択肢は、それほどない。

人によっては、だから行かない、とも。

しかし,それでは、ダメだろう。

なぜなら、行かない時点で、考えることを止めているから。

ベストは無理でも、よりベターを考えるのだ。

ぶっちゃけ、こいつが当選したらやばい、という候補を外していく。

そのためには、候補者、所属政党が、何を主張しているかを、精査。

とにかく、嘘つきは、話しにならない。

人として、信用できないからだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年7月17日

目を凝らせばあちこちに

救いの手を差し伸べる。

これは、自分の意志で出来る。

救いの手を出される。

こちらは、相手の気持ち次第、自分では、どうにもならない。

そんな救いの手、見渡せば、あちらこちらに、伸びている。

でも、ほとんどは、自分の前を、素通りなのだ。

なぜなのか?

救いに関して、無関心だから。

無関心と言うより、熱意が無いのだ。

どうしても救いたいとか、救われたい、の。

こんなことで、大丈夫?

まずは、何か一つ、救ってみよう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年7月16日

知らず知らずの罠

日本人なら、「梅干し」と聞いただけで、唾液が出る。

絵に書いたような、条件反射。

しかし、厳密には、日本人ということが、条件ではない。

条件は、梅干しを、常食したことがあること。

だから、食べたことのない日本人なら、条件反射は起きない。

逆に、外国人でも、梅干し好きなら、起きるだろう。

でも、大方は、日本人なら、と考える。

それが、一般常識の罠となる。

知らず知らずに、その罠に嵌っていたりする。

自分だけは、大丈夫。

その最たる、罠である。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年7月15日

なぜの後の納得

ラジオ聴いていたら、PC買い替えのCMが。

どうやら、win7のサポート終了まで、半年を切ったからのようだ。

家電店へ行けば、並んでるのは、win10のPCだらけ。

とにかく、売りさばきたいのだろう。

しかし、本当に、そうなのか?

今では、TVでさえ、普通にネットに繋がる。

個人的には、そちらのセキュリティの方が、心配だが。

ただ、サポート切れのOSには、何らメリットはない。

よって、変えなければならないのは、事実だろう。

でも、windowsでなければならない理由もない。

そう思い、懐かしのwin xpから、linuxへ移行し、10年を迎えようとしている。

文書作成、表計算、画像編集やネット閲覧など、出来なかったものは、ほとんどない。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年7月14日

人口減の時代となって

先日、人口減のニュースが流れた。

とにかく、少子高齢化が進み、大変なことになる、と。

目立つのは、年金のことなのだが、果たして、それだけ?

様々な問題が考えられるも、顕在化するのは、20年後?30年後?

つまりは、今の大人には、関係ないこととなる。

だから、危機感が薄いのだろう。

とはいえ、今の時代に、産めよ増やせよは、あり得ない。

ならば、未来に向け、今出来ることは何か?

人口が減っても、困らない未来。

今の大人が作らねば、未来の人間、つまりは、今の子供が、困るのだ。

今の自分が良ければ、それでいい。

考え直すべき、思考だろう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年7月13日

自分の属すグループは

グループ分けすれば、私などは、「障害者」という範疇へ。

では、そのグループは、必要か?

言い換えれば、自分から進んで入りたい、グループか?

決して、そうではないだろう。

だから、バリアフリーが、進まないわけで。

でも、障害者ではなく、一個人としてなら?

問答無用で、不要とはならないはず。

障害の有無に関わらず、必要としてくれる人は、存在するから。

しかし、個の力なんて、微々たるもの。

ミクロでは必要でも、マクロでは不要。

それらが合わさって、どうでもいい存在へと化す。

考えたら、非常に、不安定な立ち位置か。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年7月12日

生きるということ

歩けなくなった身体で生きるとは、どういうことか?

そんな問い掛けされても、ほとんどの人は、困るだろう。

なぜなら、歩ける身体だから。

多くの人が、歩けなくなるのは、余命幾ばくも無い、となってから。

その段階で、初めて、この問いの意味が分かるはず。

よって、健康体の間は、その問い自体、想像の世界でしか無いわけだ。

だから、これは、自問自答となる。

回答も、一つ消えては、一つ生まれの繰り返し。

そもそも、「生きるとは?」に対する答えだって、一筋縄には行かない。

それに、条件が、加わっているわけで。

どれほど難解でも、導かねばならない、答えがあるのだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年7月11日

パワハラか何か知らねども

歩こうとしない人に、「歩け」と命令する。

場合によっては、パワハラと呼ばれる。

では、歩けない人に、「歩け」と言ったら、何ハラとなるのだろう?

この場合は、ハラスメント以前の問題だ。

そもそも、不可能なことを、無理強いするのだから。

しかし、世の中、この理不尽が、まかり通っている。

強者が、弱者を、食い尽くそうとするからだ。

その強者とは、実は、狼の毛皮を被った羊でしか無い。

強者のフリを続けなければ、自分が成り立たないのだろう。

そう考えたら、弱者のふりした強者こそ本物。

パワハラもどきだろうと、のれんに腕押し戦法で。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年7月10日

ハイリスクも千差万別

目の前に、ベストな選択肢がある。

ただし、リスクも伴う。

その横に、ベターな選択肢。

こちらは、ほぼリスク無し。

さあ、どちらを選ぶ?

強気な性格なら、ベスト一択。

リスクとか、何それ?状態で。

おもしろいのも、こちらの方だろう。

だからといって、すべてが、それで大丈夫?

せめて、リスクの精査は、すべきこと。

中には、犯してはならないリスクも、在るからだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

«心のトレーニング方法